MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 開き直る状況

開き直る状況

2020.07.28 | Category: 院長ブログ

この人数は最早「感染することは避けられない」状況に来ていると考える必要が有ります。感染拡大する以前は、わざわざ歓楽街に行く「馬鹿者」失礼「若者」以外は感染リスクを完全には不可能でも避けられました。しかしこれだけ市中感染が広がると厚労省のアプリを入れていても誰が感染しても仕方ない状況まで切迫して来ました。賛否両論あるアプリですが私は直ぐに入れました。アプリ自体に欠陥が有ったり相手が入れて無いと無意味等の不作動が有ることを考慮に入れても立場上いち早く入れました。それほどの状況に「もう駄目だ」と嘆いていても仕方ありませんので「出来ることからやる」しかありません。何度も繰り返しになりますけど「不要不急の外出は避ける」「3密を避ける」「手洗いの徹底」と健康面ですが「腸活」「十分な質の良い睡眠」「適度な運動」「和食中心の食事」は最低限ですが注意して下さい。手洗いですが「腸」が悪ければ「肌荒れ」に繋がり感染リスクが跳ね上がります。十分な睡眠の為には睡眠2時間前に40度の入浴を10分して25度くらいの部屋に足先靴下を履き7時間が理想です。運動は激しい運動は免疫力を下げますから逆効果。返事だけでは無くて、しっかりとした会話が出来る程度にして下さい。食事は油料理の無い和食中心が理想ですけど和食は温度が低い物が多いのに、この季節は特に身体を冷やす食材と調理が冷房中の部屋で食べるのは如何なものかとなります。するとレンジを活用することになる人もいるでしょうけど高温調理は本来身体には良くありません。「生〉煮〉蒸〉焼〉揚」の調理法に更に二度目の熱処理は如何なものかと思います。出来るだけ調理直後に召し上がって下さい。煩いことを述べましたけど王道はありませんから出来る範囲で小さなことを理想に近付けることが「難を避ける」方法だと私は考えます。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三