MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 常識として

常識として

2020.10.14 | Category: 院長ブログ

昨日今日と全快堂の前の駐車場で浄化槽の工事が行われています。先日工事予定だったのが台風が来そうと前夜に「明日の工事は中止」と突然一方的に。でも前夜の天気予報で進路的には大丈夫と分かるものでしたから「何で?」と思いました。結局台風は来ずで工事が出来たと思いますけど、此方としては一ヶ月前からの予約患者様を全て割り振って移動してもらっているから大変でしたし患者様に多大なご迷惑をお掛けして大変申し訳なくて。でも今回の工事ですが「常識が無い」というのは上記のことではありません。全快堂の開院の8時には工事関係者は一切居ないのは結構です、たとえ駐車場を封鎖していても。しかし工事開始の時点(9時)でも、水道が使えないという9:30~13:00でも何の挨拶が無いんです。此方は「足湯」も「トイレ使用」も我慢しているのに何の伝言も無い始末。だから此方から「13時には水道は使えるんですね?」「明日は朝から水道は使えるんですね?」と質問する始末。水道使用禁止で困ることぐらい小学生だって分かると思うけど。「工事終了しました。もうトイレも使って下さい」と言えないかなぁ。あなたが「水道使えません」といわれ待ってる立場なら分かると思います。下請け?と云えども「人として」の常識は何処に行ったのか。入り口と工事の場所は5m離れていません。私も将来治療院を建てようと考えていますけど業者選定は慎重にしようと思いました。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三