MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 日本相撲協会

日本相撲協会

2020.11.19 | Category: 院長ブログ

日本相撲協会は「公益財団法人」です。ということは「税制優遇」されているので国民の意見に少しは耳を傾ける姿勢が有ってもいいと思います。私は相撲が好きで今場所も正代関の怪我について投稿するほど相撲が好きです。今場所も何人かの関取が引退されました。固い土俵、高い土俵、尋常でない体重同士が全力でぶつかる、怪我しない訳がありません。相撲は神事ですからスポーツや競技と一線を画して同様にしてはいけないことは十分承知の上で言いたいことが有ります。それは全てのプロスポーツや競技者が「万全の体調で競技に挑んでいるのでは無い」ということです。一流に成れば成る程、極限まで追い込まなければトップには成れない筈です。それは怪我・疲労が取り組みと隣り合わせなことは理解出来ると思います。最近では稀勢の里関が久しぶりの日本人横綱として土俵に立ちましたけど非常に短命に終わりました。そこには「土俵上で闘ってこそ横綱」という信念が有るからに違いないと私は理解しています。全てを言わなくてもブログを読んでいらっしゃる方々は理解して頂けると思いますが日本人に帰化しようと、いや帰化したからこそ最高位の横綱の振る舞いは土俵上も土俵を降りても、場所中も場所中で無くても横綱で有るべきです。何故なら神事を行う選ばれた者の頂点が横綱で全ての力士が横綱を目指すからです。その行動、振る舞いは全ての力士たちの御手本で無ければいけないのです。それなのに7場所中6場所「休場(途中休場を含む)」は納得出来ません。私は白鵬も鶴竜も好きな力士です。そして二人の力が人気を含め他の力士たちと大きく違うことも分かります。また相撲協会に対する貢献度も分かります。しかし大好きな相撲だからこそ、大好きな力士だからこそ敢えて苦言を呈したい。親方が相撲協会の圧力で撤回せざるを得なかった発言を横綱自らが来場所前に述べて欲しいです。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三