MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 経済成長報告?

経済成長報告?

2021.01.03 | Category: 院長ブログ

中国国民の正式な人数は分かりませんけど以前も「中国には人命より国家、経済発展優先」的な思想が有ると投稿しました。私も沢山の中国の友人が居ますから大変お叱りを受けましたけど実際に毛沢東氏が「西欧諸国と戦争になった場合に近代兵器との差で劣る我が軍(中国軍=人民解放軍)は軍隊の犠牲でその差を補う」という主旨の話をしていたことをメディアで見ました。何故そんなことを再度投稿するのかというと今回コロナウイルスの中国の感染者数が実際には10倍多かった?という情報と中国だけGDPがプラス成長という報道が流れているからです。常識的?少なくとも日本では感染者数が非常に多くなってしまうと経済は二の次、人命優先は当然で医療に目を向けると思います。しかし日本の13倍の国民が居ると言われている中国なら中国国内だけで経済成長が可能で、沢山作って沢山売る巨大な国内循環が完成します。また一党支配の中国なら利益度外視で販売することも有りかもしれません。他国なら感染が心配でロックダウンも人命より経済優先して世界に「GDPプラス成長」と大々的に報道して中国は凄いと印象して一帯一路に勢いを付ける中国の世界戦略かもしれませんしGDPのプラス成長の情報自体への信憑性にも疑問が残ります。「それなら米国だってEUだって巨大な経済圏だから」と当然なりますよね。これを書くとまた友人に怒られるけど中国は多民族国家ですが一つの民族が儲かれば良い?とも言えるので国内の他民族が泣いても一応経済政策は成功と言えますから他国では不可能な国内だけでGDPプラス成長が可能という特殊な国なのです。EUでは独国が一人勝ちをだったとか。それも中国の協力が有ってこその話らしいですが、その辺りが中国の上手い点で「この国は役に立つ」と思えば損をしても恩を売る。その標的がEUでは独国だったのです。日本の自動車も党が買って恩を売ったとの話が有るとか。他国のことはともかく日本国内のコロナウイルスの対応をどうするのかです。どんどん変異して厄介になったのは事実ですが非常に強力になれば終息が近い証拠です。人間が勝つかウイルスが勝つか、そろそろ最終局面が近付きつつ有ります。『君は生き残れるか?』(byガンダム)

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三