MENU TEL

パート3

2021.01.23 | Category: 院長ブログ

(つつき)「偉そうなことを言ってるけど、お前が日本のトップだって何も出来ないだろう!」と言われることは分かっています。だったら言わせてもらいます!投稿済みですが私が日本のトップならば「新型コロナウイルスの感染症分類を2類から5類にする」それだけです。年間1000万人感染するインフルエンザは5類です。コロナはそこまで多くありません。また2類のエボラ出血熱は死亡率が50~90%ですけどコロナは高齢者に限っても6%まで達していないです。2類という分類が受診出来る病院数を少なくして対応する手間や費用を増大させ恐怖心から「偏見・差別」を生み、更に受診を妨げ感染を広げる悪循環を生み出し続けているんです。「だったら直ぐに下げればいいじゃないか?」と。でもやらない。それは『責任を取りたくない』という保身だけ。政治家生命をかけて実行するのが政治じゃないんですか?私の好きな北里柴三郎氏が最後まで東大病院に所属することを拒否し私財を投げ売ってまで北里研究所を創ったことは何か分かるような気がしますし、先生が御存命なら自宅療養で亡くなる人が少なかったことでしょう。それがリーダーシップです。「医者と坊主は人の不幸で飯を食う職業」という表現は辛辣ですが「儲かるのか儲からないのか」が現状を招いているとしたら先生の言葉が心に響きます。先生は現在問題になっている「感染症」から「文部科学省と厚生労働省の管轄問題」そして「医者の利益追求」の全てを見抜いていたのかもしれません。軽症のコロナ患者の受け入れに手を上げたクリニックも増えてきたらしいです。これもコロナの軽症なら10日ぐらいで退院することを見込んで?のこと。35日迄ならコロナ患者を受け入れたら一般患者に比べて3倍の報酬が貰えるからと有りますが下衆な勘繰りは止めましょう(あっ俺か)。最後に日本は今まで他国に比べれば感染症には殆ど無縁の国でした。結果としてICUの病床数が少ないことが有ります。10万人当たり米34.7床、独29.2床、韓10.6床に比べて日本は7.3床と少ないことは医療逼迫の一因であることは否めません。しかしそれも含めて大至急改善させる指示を出すのが政治力じゃないんです?それが出来ない無能なトップは今すぐ止めちまえ!解散だ解散!その解散風でコロナウイルスを吹き飛ばしてしまえ~ってかぁ?長々お付き合い有り難うございました。これを読んだ方だけは少なくともコロナに罹患しないことをお祈り致します。1.2.3ダァーっ!(1月23日)

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三