MENU TEL

無能集団2

2021.03.08 | Category: 院長ブログ

突貫工事で病院を造った中国に対して「やっぱり中国」と失礼にも少し呆れた感じのニュース解説を聞いた覚えが有ります。しかしそれが国策ですよ、国が動いたから出来た、政府高官が指示したから出来たことですよ。日本政府は何をやってるんですか?国民に我慢を強いて感染者数を減らそうとしているだけじゃないですか?それが日本の国策ですか?ワクチンを頼むなんて当たり前のこと。緊急事態宣言で20時以降営業していたら店名を公表するとか罰金とか議論していたけど、それだったら新型肺炎感染者を受け入れ可能なのに受け入れ拒否している病院名を公表しろよ。再び感染者数の増大が危惧されていますが、現在は最も多かった時よりは新規感染者数が減っていて少し余裕が有ります。だから今やらなければならないことが沢山有る筈。地域で医師と看護師の感染症対策の勉強会を開き「感染症の専門家が少なあから」という言い訳を減らす努力をする。ECMOを増やすことに予算を回すと、同時に「ECMOを使えない」という言い訳を減らす為に勉強会を開くとか。私が指示出来る立場なら地域を区切りプレハブで良いから新型肺炎専門病院を造り各病院から当番制で医師と看護師を確保して勤務させる。勿論『特別手当て』と「勤務後2週間の隔離」が必要にはなりますけど代わりにホテルで「少し贅沢な2週間の隔離生活」をして頂き我慢して貰うことを指示します。1年半の無駄な時間経過の結果、次の山が再び襲いそうな下げ止まり感の有る時、際限無く我慢と補助金支給するより具体的であり現実的ですよ。早く愚息と関係者を全部処分して国民の為に国会運営しろよ!

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三