MENU TEL

傍観者

2021.03.11 | Category: 院長ブログ

50代の男性の患者様と話をしていて女性蔑視発言のことになり「私は差別しない」と正論を言われた。「素晴らしいですね」と応えて続く言葉を飲み込みました。私と同じ時代を過ごしてきた人です。その方はどうか分かりませんけど私は体罰も女性が差別される現場も数多く見ました。そして恥ずかしながら私自身も「女性蔑視の考え方が無かったのか?」と問われたら「有りました」と応えます。例えば女性がお茶を入れてくれたら「そんなことする必要は無い」と言わず「有り難う」と飲んだ経験が有ります。女性が書類を提出した時に「やはり女性の文字は読み易く綺麗ですね」と褒めてしまったことも有ります。その時は何も違和感を覚えず否定的な考え方も無く発言・行動していました。これは素直に謝罪しなければならないことです。その時代は何の気なしにしたことでも今では悪いことになっています。だから今出来ることは今謝罪することです。そして今後は気を付けることだと思います。それで良いと思いますし、それ以上のことは不可能だからです。過去を消し去ることが出来ないからで、まさに『覆水盆に返らず』です。50代の男性に伝えたかったことは「自分の意見を発言してこそ否定は完結する」と。『事無かれ主義』で否定も肯定もしない傍観者も罪です。但しネット上に無記名で炎上させるのは違うと思います。他人の投稿を批判することは簡単ですが自分の意見に責任を持たないといけません。裁判になれば無記名でも調べれば分かるんですから。名前も顔も出しても述べれるようにしなければなりませんね。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三