MENU TEL

快挙

2021.04.13 | Category: 院長ブログ

昨日は松山英樹氏の快挙、偉業達成の一色でした。日本人が招待されて85年、33名のプレイヤーが挑戦しても辿り着けなかったマスターズ・トーナメントの頂点にアジア人初、勿論日本人初の松山英樹氏が10年目辿り着きました。私はゴルフに詳しくありませんけど中嶋常幸氏・宮里優作氏と小笠原亘アナウンサーの三名が居るのにもかかわらず55秒間の嗚咽による放送事故を連想させるような沈黙が「本当に凄いことなんだ」と改めて感じました。丸山茂樹氏は「10年間宝くじに当たり続けるようなもの」と表現していました。そんな凄い場面を観戦し朝から思わず貰い泣きしてしまいました。確かにタイガー・ウッズ氏はグリーンジャケットが似合いますけど松山英樹氏もよく似合っていました。帰国したら各地に引っ張りだこでしょう。だから「今はゆっくり休んで下さい」と言いたいですが既に無理でしょう。テレビで言っていましたが米国人は「ヒデキ」と発音するのが苦手だったけど(ゴジラ)松井秀喜氏で少しずつ「ヒデキ」という名前の発音が出来るようになり、今回の松山英樹氏で「ヒデキは米国で市民権を得ました」と言っていました。こんな日は全く無関係者ですが「祝杯を」と思いましたが呑みたい気持ちを堪えて昨夜は寝ました。10日間空いたら一人で乾杯させて頂きます。松山英樹さん、本当におめでとうございました。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三