MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 日々の行動は

日々の行動は

2021.05.17 | Category: 院長ブログ

コロナ、五輪の投稿ばかりで健康のことを書き始めたら止まらない。長文なので二回にします。全ての認知症の原因が判明するには当分先の話でしょうし私のような者が認知症治療を出来る筈もありません。しかし全快堂に「来ている・来ていた」数少ない進行している認知症患者様を思い浮かべてみると共通点が有るように思えます。『アルツハイマー型認知症』は「アミロイドーβ」が溜まってしまって発症すると言われています。脳の周囲部位の変性・萎縮から始まります。その部分は新皮質ですから時間が昔に向かって流れているように最近のことを忘れて子どもの頃のことは覚えています。『レビー小体型認知症』は脳の後方の視覚野が変性する為に幻覚を見たり、聴覚機能部分も変性して幻聴を聞いてしまうと思われます。『脳血管性認知症』は読んで字の如く血行不良で脳細胞が壊死して発症してます。全ての共通点は「血行不良」ですから血管がボロボロになる糖尿病による認知症発症リスクは2倍とも言われています。認知症予防には運動・手を使う・食事内容・社会活動・コミュニケーション等々全てが脳血流が良いと言わることが勧められています。私は「ヒトの自然治癒力」を過大?評価しています。そもそも東洋医学は自然治癒力を活性化しているのですから当然といえば当然です。脳への血流改善には心臓・血管・血液ですが心臓と脳を繋いでいる『首』と定番の『腸』が認知症やパーキンソン様症状、その他の様々な病気予防に効果が有ると考えアプローチしています。今更ながら「腸」は栄養摂取と老廃物の廃棄作用を為していますから当然といえば当然です。先日投稿したようにストレートネックや老化による頭部の前方偏位は脳への動静脈流を悪くするので、継続すると脳の嘆きが頭痛・めまい・吐き気となって表れます。そして精神的な鬱病・ネガティブ思考・癇癪持ち(かんしゃく・イライラ)も実は脳への血行不良が原因と私は考えています。つづく

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三