MENU TEL

糸と意図

2021.08.04 | Category: 院長ブログ

元国税調査官の『大村大次郎』氏のメルマガを読んで「スカッ」としました。「その通りだよ、これが言いたかったんだよ!」と叫んでいました。私が記述するよりも興味の有る人は読んでくれれば良いので此処では私なりの考えをプラスして述べます。日本の医療機関は公的2割・民間8割で成り立っています。独立行政法人の病院も補助金を受けていますが100%の公立病院では無いので潰れる可能性が生まれ利益優先に成らざるを得ないのが現状です。利益優先とは当然ながら無駄を削り儲かるものに手を出します。医療以外なら無駄と割り切れても人命に無駄は無い筈ですから医療が利益優先にすれば大変な問題になります。あなたが或日突然「病院経営をする」立場に成ったとしましょう。超高額な検査機器を買いますか?もしそれで難病患者や治療困難な人が救えるとしても機器費用の回収には百年以上なんて話も有りますし、治療や手術に失敗して訴訟になり負ければ多額の賠償金を払う羽目になります。そんな危ない橋を渡りますか?それより寝たきりの病人を集めて胃ろうや点滴治療の比較的安全と言われている処置に特化して収入源を確保する、患者は動き回れないので特別な処置も不要となれば人件費も削れて最高ではありませんか?さて出費や危険なリスクを背負うよりもリスクの少ない方を選択するのが経営者として正しい判断となります。だから現在民間病院の8割がコロナ患者を受け入れず2割のみの対応となって医療逼迫・医療崩壊となります。「それなら公的医療機関を増やせば」となります。しかし医師会(殆どが個人の開業医)が政治家に圧力を掛けて民間病院を潰させないようにしています。一方政治家は「公的医療機関を独立行政法人にして税金投入を削減した」と自らの手柄を高らかに叫び票集めに余念が無い。この医師会と政治家の一致した考え方が利益追求型病院をどんどん生み出し、その支障が現在の医療逼迫に繋がっているのです。もう1つの問題です。延命治療で得をするのは誰なんでしょう?突然家の働き手が倒れた時に「どうか助けて下さい」となるのは当たり前。手術や様々な高度な処置をしても結果として寝たきりになる場合も有るでしょう。若くして倒れた方の何倍も何十倍も意思の疎通が困難な回復が見込めない老衰を待ってるだけの人々が日本には何十万人も何百万人もいるのです。家族が「もう楽にさせてやって下さい」と言っても法律は許しません。死ぬまで身体に繋がれた管は抜かれることはありません。その多額の医療費は「人助け」「世界的長寿国」という管を通り病院に吸い込まれて行きます。しかし多額の医療費の財源は税金ですから今後の少子高齢化になれば破綻することは明白です。でも問題を先送りにして吸い取れるだけ搾れるだけ搾り取るのが利益追求型病院です。「なら法律改正すれば」となった時に越後屋さん(病院)と悪代官(政治家)が旨い汁を手放すと思いますか?「人道的見地から」と正義を振りかざし法律の改正を阻止します。その悪巧みは静かに潜行していたのですがコロナで医療逼迫になり国民の多くが「ベッドが沢山有るのに何で?」となり表に出てきて焦っている次第です。少子高齢化だから未来に破綻は必ず来ます。では他国はどうなっているのか?それは人間本来の尊厳の医療が施されています。自分の意思で自分の口で食べれなくなったら亡くなるのを待つ。結果として寝たきりが日本に比べ極端に少ないから桁外れのコロナ感染者数でも医療崩壊になっていません。自然な死は「何も医療行為をしない」ということではありませんから勘違いしないで下さい。助かる命は処置をする。しかし人工呼吸と人工心臓で何年間も何十年間もベッドに寝ているとか胃ろう等で老衰を引き延ばしている延命治療をしないということです。しかし日本では本人が「何もしないで下さい」と意思表示をしていても周囲が許さない風潮が有ります。最後に新聞に投書されてた話を。突然高齢の父親が倒れて救急車で運ばれて心臓マッサージや人工呼吸や人工心臓等々が必要になった時に娘さん(投書者)が「父は万が一の時には何もしないでくれと言っていましたのて、もう結構です、ありがとうございました」と伝えたところ病院関係者から聞くに耐えられないような酷い言葉を投げ掛けられ続けたと有りました。今の日本では自然死は許されないようです。自宅で亡くなれば警察が来て不審死か調べ世間体が悪く救急車で病院に行けば処置を断るのは難しい。間違って欲しくないのは病院処置は決して金儲けでやっている訳でも無く無駄な処置をしている訳でも無いことは分かって下さい。「助けて下さい」という家族の訴えは真実で「助けよう」とする医療関係者の気持ちもまた真実です。しかし複雑に絡んでいる糸を絡んでいる意図を何とかしなければならないことも事実です。誰か政界に行ってくれ!

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三