MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > でも最低は日本2

でも最低は日本2

2021.08.16 | Category: 院長ブログ

中国政府はデルタ株の徹底した封じ込め画策しているけど現実的には残念ながら不可能です。中国政府が躍起になって言論封鎖が出来たとしてもウイルスには通用しない。誠に不謹慎な物言いが許されるならば「ウイグル族は弾圧出来てもウイルスは抑え込めない」となります。何故なら人なら見えるがウイルスは見えないのだから仕方ないのです。また幾ら経済が好調と言われている中国と云えどもゼロコロナに固執し過ぎれば経済が落ち込むことは明らかです。最近大使館が閉鎖されたりジャーナリストにビザの発行しない「新たな冷戦が始まりつつある」と思える出来事が起きています。地球上から戦争が無くなることはありません。それがCOVID-19の感染が世界中に拡大している中では人々の心が荒廃しているので些細な出来事が発端となり大きな争いに発展するかもしれません。こんな時に日本人には何が出来るんだろう。何故中国や韓国のことを投稿したかと云えば隣国ということも有りますけど戦後には相手が有る訳で、その周辺国が平和でなくては困るから、仲良くないと困るから。その為には相手のことを知らないと上手く行きません。たった76年前に狂気の作戦『特攻』が有りました。コロナの感染爆発が分かっていながらに強行開催した東京オリンピック2020とダブって仕方ありません。どちらも生命の危険が有るにもかかわらず突入したんです。分かっているのに再びこの国は過ちを繰り返すしたのです。今後は何回過ちを繰り返せば気が付くのでしょうか?悲しいけど、やはり日本は最低な国なのかもしれません。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三