MENU TEL

マスク

2021.10.19 | Category: 院長ブログ

コロナ禍でマスク着用が当たり前になっています。逆にマスク『不』着用で海外では殺人事件に発展したり日本でも地方議員の「鼻マスク」と言われる鼻出しの着用で議会参加が認められない等々国内外でトラブルが多発しています。またマスク付着部位の肌荒れも女性には頭の痛い問題かもしれません。しかしマスク着用は悪い点ばかりではありません。勿論ウイルス感染を減少させるとか女性の化粧を軽減させるという話も有ります。でも私が此処で言いたいのは精神的な問題です。「マスクを着用すると人と話をする敷居が少しだけ低くなる」というのです。そう言われれば一緒にするのは変かもしれませんけど、プロレス好きな私としてはプロレスラーのマスクマンが「マスクを着けると人格が変わる」と聞いたことが有りました。優しいプロレスラーが悪役レスラーに成ったり逆も然別です。人は何処かを少しでも隠すと大胆になると言われています。マスクは当にその役割なのかも。だから初対面の人とは話し難いというシャイな人にマスクは勇気を貰えるアイテムなのかもしれません。当然のことながら礼儀が絡んでくる問題は各々でクリアして下さいね。それまで人と話をするのは苦手という患者様へのアドバイスは「横に並んで目を見ないで喋るといいかも」と言ってましたのでマスクは助かります。コロナ禍明けでマスク着用が不要になった時に「何か恥ずかしい」と感じる程度なら良いですけど『うつ病』が増えることが心配です。そもそも世界からは「シャイな民族」と呼ばれている日本人はコロナ禍前からマスク着用率が異常に高かったのは花粉症も有りますけど無意識に顔を隠していたのかもしれません。だからコロナ禍明けでも日本人のマスク着用率は高止まりかもしれません。P.S.初対面や正式な場所での話し合いで対面する場合は相手の喉仏付近を見ながら話をすると良いです。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三