MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 懐かしいお菓子

懐かしいお菓子

2016.11.27 | Category: 院長ブログ

昨日は少しシリアルじゃないシリアスな内容でしたので今日は少し砕け気味に。認知症予防に『回想療法』というのが有ります。昔の懐かしい物を思い出す事によっつ脳が活性化するという療法です。幾つからでも誰でも良いです。若い衆なら記憶力強化に良いからです。先日、患者様とお菓子の話になって私は、現在売られている菓子は知らないので昔の話になってしまって盛り上がっていたらカーテンの向こうからも話に参戦してくる強者も。今でも売られている菓子も有りますが需要が有る=人気が有るんですね。最もメジャーなのは『お菓子の缶詰め』で有名なチョコボールですよね。他にアポロ、エンゼルで有名な森永のキャラメル。現在の有無は定かではありませんが羅列すると『一粒で二度美味しい』とか『一粒100m』なんてキャッチフレーズがあったアーモンドキャラメル。何で100mなのかといえば消費カロリーの補給らしいです(200mだったかなぁ)。『貴方にもチェルシー上げたい』のチェルシー。キャッチフレーズといえば昔はアイドルを売り出す時に一人ずつに有りましたよね。『みんなの妹』とか『股下85cm』『お茶の間のアイドル』なんてのも。話を元に戻してマーブルチョコレートも有りました。端にゴムを付けて銀色の眼鏡になるタイプも。丸いオレンジのガムが4つ入った小さな箱の物やフィリップスのガム。パラソルチョコレート、ペコちゃんの棒のペロペロキャンディは現在、東アジアで爆発的人気らしいですよ。ペコちゃんならミルキーは忘れてはいけませんね。噛んだら駄目と言われているのに銀歯が取れたとか。ミルキーの千歳飴は現在も有りました。ペコちゃんのホッペ、飲み物で米屋さん限定販売プラッシー(ブラッシーってプロレスラーも居ました)。愛のスコール、ミリンダ、チェリオ、一時期ファンタグレープの色素が問題になってゴールデングレープって有りましたね。私はやってないですが500mlのコカ・コーラの自販機の硬貨入金口から横と下に指で測った位置を一蹴りすると硬貨を入れなくてもコカ・コーラが出てきました。これは某俳優が映画の中でやって広まってしまったのですが現在は警報器がついて出来ません。マミーは今でも有るけどパイゲンCは無いです。なんと言っても老若男女知っているのはクッピーラムネで名古屋で作られています。そうなんです。名古屋は駄菓子製造が脈々と受け継がれているんです。そうだ!京都に行けないから駄菓子屋巡りに行こう(何でやねん!)。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三