MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > プレミアム・フライデー

プレミアム・フライデー

2017.02.19 | Category: 院長ブログ

プレミアム・フライデーを御存知だと思います。毎月一回金曜日の午後3時には残業無しで早く退社して自由に時間を使う事を御上が決めたのでございます。確かに『ブラック企業』という言葉を目にする事が多いです。しかしヒトは不思議に同じ労働量でも言われて働くと疲労をより重く感じ、進んで働くと疲労はしますが軽く済みます。それを裏付けるように私のような自営業の人で過労死や過労自殺を耳にする事は皆無と言えます。対して雇われてる身では自営業の人の労働量に達して無くても往々にして悲劇が起こります。また現在のような先の見えない閉塞感たっぷりの経済状況だと労働者の悲劇が繰り返されるのですが、バブルの頃は『企業戦士』という自ら進んで働くイメージで、バリバリ働く『24時間働けますか?』なんていう今から考えると信じられないフレーズや歌が流行りました。雇用される側でも『働けば働いただけ儲かる』となれば疲れ難いのです。しかし注意が必要です。というのは疲労は前頭葉で感じていて健康の為のストッパーの役目をしているのですが自ら進んで働く時には感じ難いので、凄く働けば身体へのダメージは確実に有るのですで極端な言い方をすれば死ぬまで働く、電池が切れるようにパタッと倒れる『突然死』するのです。『そんな事出来る訳無い』と思えるかも知れませんが、ゲームやギャンブルのような中毒だと疲れ難いのです。ヒトの脳は報酬に弱くゲームやギャンブルだと勝った時に喜びホルモンが出て、それが報酬になるのです。ギャンブルなら現金が貰えて更に喜びホルモンが出ます。ゲームはギャンブルに比べて報酬が弱いのでプレミアムな画面が出たり、人対戦して打ち負かしたり、最近はネットで順位を上げて報酬を得ています。という事は自営業の人にこそプレミアム・フライデーが必要なのに自営業の人はやらないでしょうね。まぁ働き過ぎたら身体を壊しますから私も適当に休みます。また長文になったので明日は短くします。患者の皆様に『全快堂版プレミアム・フライデー』を考え中です。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三