MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > チャイルドライフスペシャリスト

チャイルドライフスペシャリスト

2017.05.03 | Category: 院長ブログ

先日テレビを見ていて反省しました。大人でも入院して注射や様々な検査や処置は痛みが有ったり気持ち悪くなったり精神的に不安になり、泣きたくなる時も有るでしょう。ましてや子供なら尚更です。生まれて病院から一度も外出した事の無い子供が居る事を考えた事が有りますか?私は乱れた生活を積み重ねていますけど幸い現在迄は元気です。しかし小児病棟の現実を知ると「すみません」「ごめんなさい」と、自分の愚かさに居たたまれない気持ちになり『病気の子供達にも恥ずかしくない生活をしなければ』と思わされます。しかしその気持ちが長く続かないのが欠点です。美味しい食事をしたり呑み過ぎたり夜更かししたり、反省の日々です。さて話を戻しまして、生まれた時から病気やケガで入院を余儀無くされる子供は多いです。どの子供たちもまだ親が恋しいのに、その寂しさと必死に闘っています。ですから子供達は、寂しさと病気の2つと同時に闘わなければならないのです。その時、私達大人は無力です。でも諦めたら何も変わりません。海外では病院は医療の提供は勿論、精神的ケアも同時に行っていくという大変失礼な言い方ですが殺伐とした雰囲気さえ感じさせる『日本の病院とは大きく違う』という印象を受けます。その中心となるのがチャイルドライフスペシャリストです。海外では免許取得の為に専門の学習をしなければなりません。やっと日本でも子供達への心のケアに注目して来ました。しかし日本にはまだ数名しか居ないのが現状です。病院の経営者の皆様、経営の事ばかり考えてないで気配りもお願いしますね。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三