MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 行った!笑った!

行った!笑った!

2017.09.02 | Category: 院長ブログ

ゴジラ展に行って来ました!最高でした!良かった!名古屋市博物館最高!落ち着いて、昼休みを利用したので平日でしたが老若男女入り乱れて凄い人気でしたから皆様、展示物に夢中で一人のオタクのオッサンでも何ら恥ずかしくも無く楽しめました。話は変わって、久々に市バスに乗りましたが車内で笑えました。車内は8割くらいの座席が埋まっての混みようでしたが詰めれば全員が座れる感じでした。しかし昔きっと893だったんじゃないかなぁと思える高齢のジジィ(またまた敢えて書かせて頂きます)が派手なシャツを着て脚を組んで隣には誰も座らせない雰囲気を醸し出していました。そこへ可愛らしい女子高生二人が乗車して来ました。するとジジィの態度が一変。座り直して奥の座席に詰めて横を空けたのです。しかし女子高生が座る筈も無く素通りして行きました。するとその後ろから乗ってきた柔道部に間違い無しの100kg超級の高校男子が椅子取りゲームよりも素早くジジィの横に座ったのです。ジジィは唖然としているのに柔道部少年は携帯ゲームに夢中で全く分かって無い様子。周囲は笑いを堪えるのに必死な雰囲気。お構い無しでバスは走り出しました。するとジジィがあからさまな嫌悪感を強調し始めました。手始めは不自然なほど大きな咳払いです。しかし柔道部少年はイヤホンしていて全く気にしてない。また痩せ細ったジジィは二人掛けの3分の1しか使っていないのに対して少年は3分の2を占領。後ろから見ると先程見てきた『ゴジラ&ミニラ』の親子に見えるから不思議です。今度のジジィの反撃は睨み。盛んに少年を睨み付けようと横を見ますが全く動じない少年は、有ろう事かカーブでジジィに体重を預けるようになりました。するとジジィのうめき声がしましたが、その声は予想を裏切り小さく、逆にプライドが邪魔をして『やられてなるものか!』という意地が垣間見れ少しジジィを応援したくなりました。とうとうジジィ最後の反撃は『降車ボタン押し』です。窓側真上に有るボタンが近いにも関わらず少年の前に有る支柱に付いているボタンを手を伸ばして少年を押し退けるかのようにして押したのです。当然バス停に到着すれば少年は立ち上がり奥のジジィは降車しますけどボタン押し、降車時の立ち上がりの時も少年の視線は携帯に釘付け、指は止まらず何事も無かったかのように再び素早く椅子に座った少年に『サンデーモーニング』の張本さんに代わって『あっぱれ!』を少年にあげたい衝動に駆られました。もう1つ名古屋市博物館にも『あっぱれ!』の1日でした。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三