MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > タッチをするな!

タッチをするな!

2017.11.21 | Category: 院長ブログ

来年は平昌五輪が行われます。その為例年以上にウィンタースポーツが注目されます。中でもスピードスケートでゴールした後に選手とコーチがタッチするシーンをテレビで見掛けるのですが『今直ぐに止めろ!』と叫びたくなります。骨折や脱臼の危険が有るからです。もしケガでもしたらメダルの可能性が有る平昌五輪に出場出来なくなる可能性が有るのです。スピードスケートの選手はゴールしても直後は凄いスピードで滑走しています。それをほぼ動いていないようなコーチがタッチをする為に手を出す。すると選手の手はタッチの瞬間、壁に激突したように身体ごと後方に引っ張られます。この時選手には相当強い衝撃が腕や肩に加わります。昔プロ野球選手の門田選手がホームランを打って怪力ブーマー選手とハイタッチした瞬間に右肩脱臼をした事が有りました。タッチする肢位は非常に危険なのです。言葉が悪いですが『お前らコーチ陣は馬鹿か!選手を危険に晒してどうするんだよ!』と言いたいです。誰かアホな奴等に一刻も早く教えてやって下さい。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三