MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > ファンも素晴らしかった!

ファンも素晴らしかった!

2018.02.20 | Category: 院長ブログ

もう暫く平昌五輪の話をさせて下さい。羽生選手のパフォーマンスの素晴らしさを本当はまだ投稿したいですけど説明要らないですよね。またメディアやファンに対する神対応も凄く良かったという声や文字が溢れています。でも極端な話、本人なんだから一部のスポーツ選手を除けば皆さん非常に良い対応をしています。しかし今回私が取り上げたいのは羽生ファンの神対応です。どうやって数えたのか不明ですが会場の7割近くが羽生ファンだったらしいです。確かに客席の日の丸やプーさんファッション、うちわやぬいぐるみを見れば納得します。しかし各国の選手がリンクに上がって演技を始めると各方向の客席に必ず選手の出身国の国旗が揺れていたのです。不思議に思ったメディアが望遠レンズで見ると、多くの羽生ファンの日本人が取っ替え引っ替えバッグの中から各国の国旗を出して応援していたとの事で『非常に感動した、これぞオリンピックだ』と各国のメディアが褒め称えたそうです。そう言えば過去にバレーボールの世界大会の試合が全国の体育館で行われた時に日本以外の国のプレーにも声援や拍手をして日本のバレーボールファンに対して『フェアプレー賞』が贈られた事が有った事を思い出しました。どちらも全く無関係の私ですけど同じ日本人として誇らしく思いました。最後にコレだけは伝えさせて下さい。女子500mで金メダルを獲得した小平選手がオリンピックレコードを叩き出した直後、歓喜の大声援の中で観客席に向かって口に指を付けて『シーっ』と静かにするポーズをしていたのです。それは直後のレースが始まるのに最高のパフォーマンスをさせてあげたいとの心遣いからだったのです。李相花選手(韓国)は地元の期待を一身に受けてプレッシャーに押し潰されそうになっていて、その気持ちを察した小平選手の計らいだったのです。何でも馬鹿騒ぎをする私としては心に突き刺さる瞬間でした(反省)。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三