MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 悔しい思い出3

悔しい思い出3

2018.03.19 | Category: 院長ブログ

しかし更に人々を苦しめたのは日本に支配されていた中国の人々の行動でした。戦争開始と同時に日本人が集団で自分達の土地や建物、畑や家畜を奪うという力による支配。それが敗戦が濃厚となると中国人の怒りとなって日本人の村々を襲ったのです。軍に取り残された150万人の日本人に抵抗する力はありません。その村の人々がとった行動は信じられないものでした。若い娘をソ連兵に差し出し代わりに守ってもらうという究極の選択だったのです。娘達には選択の余地はありません。逃げれば他の娘が代わりに差し出される、死んでも同じ。娘達は村の人々を守る為に泣く泣く納得して何度もソ連兵の相手をしたそうです。その事実を誰一人として帰国した村の住民は口にしなかったのですが、一人の住民が戦後70年ほど経過して『私が死んだら公表して二度と戦争に進まないようにして欲しい』との願いから、妹さんが公表に踏み切りました。その妹さんは当時17歳。お姉さんは自ら挙手したと言います。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三