MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 添加物論争2

添加物論争2

2018.08.16 | Category: 院長ブログ

しかし「塵も積もれば」や大気汚染等々も有りますが現に多くの男性の精子の運動能力が落ちていたり数々のアレルギーが発症しています。因果関係は認められてはいません。だから「ハムだけ大量に食べる人は居ない」とか他の食品も同じ事を言います。でもウインナーやハムが好きで害を知らなければ朝食にウインナーを2本、昼食にハムを3枚、おやつにハムのサンドイッチ、夕食にハムやウインナーを少しずつ食べるなんて事も有るかもしれません。極端にハムとウインナーにしましたが冷凍食品にも添加物は入っていますし野菜には硝酸塩が入っています。硝酸塩は体内に入ると一部が亜硝酸ナトリウムという添加物になってしまいますからウインナー、ハム、冷凍食品、レトルト食品、インスタント食品、そして野菜を食べたらどうなるのだしょう。『全ての食品に添加物の危険が有る』と知ったら「少しでも添加物に注意しようかな」となりませんか?「実験で安全だから」って人はラットですか?「世界的に安全と言われているから」と言われても欧米人の腸は短いから有害物質の排泄は早いです。それなのに腸の長い日本人が便秘で有害物質が長く体内に停滞したら世界基準でアナタは安心出来ますか?知っているのと知らないのでは今後の健康が大きく違ってきます。未来の自身と子孫の為にリスクは少ない方が良いと考えますから、全快堂の患者様の健康だけはアドバイスさせて頂きます。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三