MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 秋の夜長の前に2

秋の夜長の前に2

2018.08.31 | Category: 院長ブログ

夜間の頻尿を防ぐ為に⑥睡眠3時間前に20分ほど下肢を心臓より上になるように仰向けになって欲しいです。立っていると下肢に水分が溜まっていて寝ると心臓への負担にもなりますから心臓や腎臓への負担軽減の為にも実行して下さい。しかし寝る前には⑦コップ1杯の水分補給をして下さい。ここでも注意が有ります。カフェインは無しの白湯、麦茶、ほうじ茶が理想。緑茶やコーヒー、紅茶が飲みたい人は少な目に。入浴ですが⑧就寝直前は避けて温めの入浴をして下さい。ヒトは深部体温が下がってくる時に良い睡眠になりますから2時間くらい前の入浴が理想です。⑨照明は間接照明が理想ですが暗めにするだけでも効果的です。しかし折角照明を気にしても⑩携帯、テレビ、パソコンの画面からのブルーライトは入眠の邪魔です。最低でも1時間前には止めましょう。そして就寝中は出来るだけ暗くして下さい。他には⑪踵の「失眠(しつみん)」を自身の拳で左右100回ずつ叩いて下さい。「えっ100回も」と思うかもしれませんがコレには理由が有ります。赤ちゃんは手足が温かくなると眠りのサインです。コレは脳の血液の多くが手足に流れて来た結果で大脳の働きが低下気味=熟睡のサインです。ですから100回叩くと手足に血液が集中するのとツボの効果の一石二鳥が得られるのです。そして平日の起床時間は⑫就寝時間がズレても起床時間は必ず同じ時間にして下さい。体内時計をリセットするチャンスです。また休日でも⑬起床時間は同じ時間が理想ですがズレても2時間迄にして下さい。服装は⑭Tシャツと短パンでもいいですけどパジャマが理想です。腹巻きと五本指の指先だけの靴下を忘れずに。どんな格好でもいいですけど締め付け無い服装でお願い致します。最後に目覚ましは突然の大きな音は良くありません。⑮静かな音がずっと鳴ってる物を使って下さい。そしてやっぱり⑯全快堂の治療ですよね。これを本格的な秋の到来前に始める事がずっと元気で暮らす秘訣です。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三