MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 人口甘味料

人口甘味料

2018.10.10 | Category: 院長ブログ

情報を得たのはネットからなので絶対でも完全でも無い事を最初に断っておきます。ブログでも以前から何度か、患者様には治療時に何度も私の感じる考える「人口甘味料の恐ろしさ」を伝えてきました。しかしあくまでも持論で有り確証はありませんでした。でも今回は欧州や米国の学会や大学が「人口甘味料の恐ろしさ」を発表されたので少しは自信を持って伝える事が出来ます。内容としては「糖尿病患者の為に開発された人口甘味料は一般の人に売り出されていますが摂取し続けると『将来糖尿病発症を助長する』事が予想される」と。また「人口甘味料を摂取し続けると最短では2週間で腸内細菌の割合が悪い方へ崩れ始める。これによって肥満傾向になる」とも。更に予想される事は「物忘れ」を起こし易く成ったり「ネガティブ傾向」も考えられ無くも無いらしい。ここからは持論ですから聞き流して下さい。将来もしかしたら証明されるかもしれませんが「空気を読めないと言われる人」や「アスペルガー症候群と考えられる人」更には「自閉症」と言われてる人は腸内細菌の割合が悪い人が妊娠した時に出産した結果では無いか?腸内細菌が悪ければ症状にも比例すると。勿論全ての胎児に影響するのではありませんが胎児の将来に多少なりとも影響するように思います。もう一度「あくまでも持論です」けど、投稿済みですが、私は排便時間が少しズレただけで非常に強いストレスを感じます。日常生活で他の人なら強いストレスを感じる場面においても私は平気だったりしますけど、排便時間だけは別格です。またその便が良くない場合も同じで、半日ほど精神的にも肉体的にも調子が良くないです。しかし多くの日がそうなのですが排便時間、便の質がピタッとハマった時には『絶好調!』と叫びたいほど元気に一日を過ごせます。そんな私だから『私がもしも妊婦で妊婦中に便秘だったら』と考えると妊婦期間中は常にネガティブでイライラするで有ろうし、それは決して『胎教』に良くないと考えた理由からです。しかし証明された訳ではありません。とにかく人口的に作られた油も添加物も甘味料(カロリーオフ、カロリーゼロ、カロリーハーフ等々)も出来る限り避けて生活して下さい。また妊婦期間中は特に注意して下さい。これが本日の結論です。長文ごめんなさい。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三