MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 平和ボケなのか?

平和ボケなのか?

2018.12.28 | Category: 院長ブログ

『ホッコリの会』と投稿しましたが国の平和が無ければ実現不可能です。「戦争は絶対に駄目だ!」そんな事は分かっている。「武器や兵器は要らない!」それが一番。「兵器を買う金で食料が沢山買える。それで世界平和になる」立派な考えですよ、ブラボー!世界が100人の人で構成されていたら?みたいな本が少し前に流行りましたけど、全員が知り合いだったり良い人ばかりだったら戦争は起こらないと思います。でも現実は違います。本当に日本に武器は要らないでしょうか?私も子供の頃には「何で日本には自衛隊が存在するのか?何で武器が必要なのか?」と分かりませんでした。ガンジーの「非暴力主義」に感動したものでした。しかし今は考え方が変化し必要性が分かります。例えば「万引き」って駄目ですよね?だけど無くなりません。「引ったくり」も無くなりません。では「強盗はどうでしょう?」誰でも「人の物を奪っては駄目」と知ってる筈ですよね。万引きは商品を奪いますが直接的に人体への被害は与えません。引ったくりはケガを与える可能性が有ります。強盗は武器の使用や武器による威嚇が有ります。あなたがこれ等の犯罪を含む全てを平和的に解決出来ますか?出来るなら武器は要らないでしょう。しかし犯罪者に常識は通じません。もし突然日本の領土を他国が突然奪ったらどうしますか?これは国家間の強盗です。強盗を抑止または説得して犯罪を無くす事が出来ないのに巨大な勢力の武力行使を説得出来ますか?例えば人質が取られて「立て籠り事件」が発生したとします。警察が包囲して逃げられず解決します。でもこれが大規模に某国が侵略して来て国民も領土も取られたらどうしますか(侵略)?国連に訴えたら解決されますか?現実に起こっていても非難決議しても変わりませんよね。世界各地で迫害や強制連行、強制収用されても世界に止める力は有りません。だから当然解決していません。突然某国が攻めて来たら無抵抗でハンガーストライキでもしますか?相手の心に響けば良いですけど現実は甘くないです。多くの国民が強制収用されて拷問されて土地や建物を没収されても国連が助けてくれなくて「やっぱり防衛手段は必要でした」と気付いて後悔しても手遅れです。「そんな事は有り得ない」と言えますか?シリア、チベット、ウイグル自治区、ロヒンギャ、北朝鮮等々、世界で問題になっている事は解決していますか?どの問題も「何の問題も無い」と応えるかもしれませんけど逃げて来た人は180度違う事を言っています。どちらの意見を信じれば良いのか分かりません。どの国にも良い人たちは沢山居ます。だから世界平和になれるかも?そう信じたいです。各国のトップが強欲でない人が揃うか、映画のように地球規模の敵が来ない限り「本当の意味」で世界は一つにならないでしょう。既成事実で侵略する国も存在します。侵略は駄目、戦争も駄目。だからこそ未然に争い事を発生させない「睨み=軍備」が必要なのかも。しかし注ぎ込み過ぎて国民が疲弊したら本末転倒。何でもバランス、ほどほどが大事です。また領土問題でも「日本が絶対に正しい」とは限りません。歴史のどの時点を自国の領土と考えるかで変わってきます。しかし最低限の決まり事は必要です。嘘は人間同士でも国家間でも駄目です。兵器からの転用で生活が便利になる事は投稿済みですが、平和が一番。重い話題ですいません。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三