MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > ラグビーとの出会い

ラグビーとの出会い

2019.09.23 | Category: 院長ブログ

私は49年前にラグビーと出会いました。その当時ラグビーなんて全く人気が無くてサッカーもアメリカンフットボールも実際にやっている人は極少数でした。いったい日本人は何を見ていたのか不思議になりますけど答えは簡単。「巨人、大鵬、玉子焼き」で象徴されるように野球と相撲人気がズバ抜けていたのです。小学1年でラグビーというスポーツを初めて知った時は「変なボール。何処に転がるか分からないし痛そうななスポーツだなぁ」というくらいしか感じ無かったのが事実です。しかし少ないテレビ中継を観ながら徐々に興味を持ち始めた頃にラグビーを学生時代やっていたバリバリのフォワード出身の新任教師が赴任して来た事で、小学校はラグビー熱が一気に燃え上がりました。しかし「やはり」というか「当然の事ながら」というかPTAからの「小学生には危険過ぎる」の声が無かった訳ではありませんけど私のラグビー熱は静かに燃えていました。中学にラグビー部は無くて「高校に入ったらラグビー部に入部する」と決めていましたが残念ながらラグビー部は無く、数学の教師がラグビー経験者だったので「ラグビー部を作って下さい」とお願いしましたが在学中には叶わず「大学に入ったら」と入学してラグビー部に行くと「高校推薦者のみ」と断られ隣の部室のアメリカンフットボール部で4年間お世話になりました。その気になれば同好会でもサークルでも出来た筈ですけどフットボール部の4年間は、わき見をする余裕と人としての生気を全て吸い取られ廃人寸前まで行った事を同級生だけが知っています。しかしながら「ラグビーが好き」という事実は変わり無く前回のW杯の日本の盛り上がりには感動しました。でも残念ながら「俄(にわか)ラグビーファン」は私を含めてサッカーが始めればサッカーへ、野球が始めれば野球へと変わり身が早い事も、また事実でした。ですか今回は日本開催ですし日本ラグビー協会も全国で開催を決めてくれたお陰で国民の盛り上がりは相当なもので終了後も継続的なラグビー熱が期待が出来ます(ガンバレ『サンウルフルズ』)。最後に日本招致が失敗した時に「このオッサンが日本招致の代表なら永遠に日本開催は無いわ」と失望していた森元首相が、W杯開催選考委員会に対して「いったい何時まで君たちはW杯開催を身内だけで回すつもりなんだ!」と言った一言が日本開催に無関係だったとしても「ありがとうございました。貴方の事を見直しました」と言いたいです。皆様ビールを呑みながらスタジアムでチャンスが有れば一度は世界最高峰の試合を観ましょう!ガンバレ日本!P.S.たった今私は豊田スタジアムで「ジョージアVSウェールズ」を観ています!あっコレって言ったら駄目なんだっけ。空き巣が入るから。大丈夫ですよ、⚪⚪がいますからね。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三