MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > ながら運動

ながら運動

2019.11.18 | Category: 院長ブログ

凄い金持ちでも酷い貧乏暮らしでも、唯一平等なのが「時間」です。1日が24時間だけは変わりません。私のような貧乏人は「金が無い者は病気になるな!」という時代が訪れました。嫌な話題になりますが避けて通れない事なので仕方ありません。とにかく体力勝負です。その為には『腸』と『筋肉』ですが今回は筋肉に「スポットライト!(ザ・ベストテンかよっ、古っ!)」を。「筋肉=運動+食事」です。食事は筋肉の材料になる食品の中から好きな物と調理法を「ググって」下さい。運動というと30分とか1時間とか集中してやる人が多いですが、続かない理由は「時間が無い」「忙しい」です。またこれからの季節は「寒い」「直ぐに暗くなる」は『やらない事を正当化』する手強い理由です。しかし恐ろしいのは年末年始の生活の乱れが、運動なんて健康的な生活の対極にあるのに体型を隠せる厚着が更に問題から目を背ける結果を招く事です。ですからネットでも「⚪⚪ダイエット」「効果的な筋トレ」が氾濫していますけど結論は「やらなければ駄目」という事です。患者様でも知識は凄いのに「実際には動いていない」とか「どれをやれば良いのか分からない」人が多いのです。少し変かもしれませんけど私は「三日坊主」を勧めています。色々な方法や運動法をコロコロ変えてもいいんです。何故なら600有ると云われる筋肉を鍛えるには多方面からアプローチした方が良いからです。ただし何かしらの筋トレは続ける事が条件です。先日テレビを観ていたら、80代の脳梗塞手術から数日後の方が医師の指導の元でスクワットを1日600回(午前300午後300)やっていたのには驚きました。「スクワット=大変」と思われるかもしれませんけど①テーブルに手を着いて椅子に座った状態から②立ち上がり③再び座るを繰り返すだけです。このメリットは「安全」で「室内で出来る」ので寒風が吹く外に出る必要がありません。また「テレビを観ながら」でも可能です。他には人に頼らず「一人で出来る」ので自分のペースで出来ます。筋トレで最も鍛えて欲しい部位は「下半身」それも「臀部と大腿」です。繰り返しの投稿になりますが臀部と大腿は全身の筋肉の6割以上が有り転倒予防、寝たきり予防に重要なのです。その最も鍛えて欲しい大事な部位の筋トレが①自宅で②無料で③時間を選ばず④一人で出来て⑤テレビを観ながらでも可能となれば巷に乱立するトレーニング施設は困ってしまいます。前述の600回は午前300午後300ですが皆様が自宅でやる場合は更に細分化して00分15分30分45分というようにCM中にやればイライラするCMも「健康になる為」「ダイエットの為」と有効な時間利用に変わります。また細分化すれば疲れ知らずで回数を重ねる事が出来てノルマも簡単に達成出来ますから三日坊主の皆様も長続き間違いなしです。先ずは高めの椅子から始めて下さい。こんな素晴らしい提案なら本にして出版して儲ければ良かったかなぁ。余談になりますが本当に超有名な某出版社から出版の誘い、コラム連載の誘いが有ったんですよ、丁重にお断りしましたけど。話が反れましたけど大腿は「太もも」です。脂肪で無くて筋肉で「太もも」にすれば転倒せず寝たきりをもならず明るい毎日が暮らせます。今から「テーブルスクワット」をしましょう!P.S.皆様は600回とかやる必要はありません。ベッドで寝ている訳ではありませんので。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三