MENU TEL

STDと不妊

2019.11.01 | Category: 院長ブログ

R-15内容です(本当は小学生から徐々に教育するべきだと思いますが)。投稿済み内容ですが若い新患の方が来院されて「子供が欲しい」というのに「あまりにも無知」で、しかも「子供が出来ない」と言われて唖然としたので再度投稿させて頂きます。不妊の原因は様々有りますが生活習慣の乱れにも有ります。それによって男女が妊娠に適さない身体に移行する事が殆んどです。しかし最近では下着の変化や個人的な意見ですけど「遺伝子操作」「食品添加物」等々の食べ物も全く無関係では無いと考えています。更に不妊を助長しているのが間違った性交渉です。結論から言えば「スキンを付ければ感染し難く、不妊も病気もリスクが減る」=「不衛生な性交渉が不妊を招いている」ということ。「性交渉前後の行動」が病気感染のリスクを上げて結果的に不妊に繋がるだけで無く、生命の危機さえ有る事を認識しなければなりません。海外では「子宮頸がんワクチン」は男性でさえ受けている事を日本人はあまり知りません。男女共に身体を清潔にするのは当たり前と思っていますが中には非常識な人も居るようです。要するに「性交渉の前後は相手への接触『する』『した』箇所は清潔にする」事です。勿論口の中もですが問題は口の中の傷や病気。厄介なのが「歯周病」です。その場合は口の接触は避けた方が無難ですが難しいかもしれません。だったら可能な限り清潔にするべきです。何の根拠も有りません。有りませんけど咽頭がん、喉頭がん、舌がん等々の口の中の病気にSTDが絡んでいた例が皆無に等しいですが0%では無いと私は思います。だから性交渉後は「手洗い」と「うがい」を徹底して欲しいです。「鶏が先か卵が先か」みたいですけど「男性性器の先端にウイルスが付着して女性に感染。女性性器の奥に付着しているウイルスに男性性器が接触する」どちらが悪いのか?パートナーが限定して居れば安心です。最後に遺伝子操作の食品が何世代にも渡り全く影響が無いのでしょうか?私には孫が居ませんから当然曾孫も居ません。しかしもし居たら絶対健康に生まれて健康に育って欲しいです。結婚しない、出産しない選択肢は個人の自由ですから当然有ります。しかし産むなら元気な子供を健康に育てて下さい。微力ながら応援させて頂きますので。P.S.「STD」で検索して一緒に知識を増やしましょう。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三