MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 寝違え急増

寝違え急増

2019.12.11 | Category: 院長ブログ

先月の終わり頃から急に「首が痛い」という患者様が増えました。私の考えですが以前投稿した通り「寝違えるのは九分九厘風邪気味の時」です。だから激しい風邪の症状が出現すれば「風邪を引いた」となりますけど「あっ、首が回らない」となれば同時期に排便状況は既に悪くなっており、暫くするとクシャミ、鼻水、鼻詰まり、悪寒、発熱と悪化していく可能性があるのです。そこで「寝違え」「首が回らない」時の対処法は「初期の風邪への対処法」を行って下さい。それは首の後ろに温湿布と排便努力です。全快堂の患者様以外には「どちらも風邪の対処法じゃねぇじゃんねぇ(田畑政治氏byいだてん)」って言われそうですし更に「首が痛いって言ってるんだよ!」と怒鳴られそうですが、とにかくやってみて下さい。寝違えってスッキリ治り難い症状の一つですから完治への近道ですので「私を信じて清き一票を」違う!そう!(再びby田畑政治氏)じゃない「風邪対処法を」やってみる。世間ではインフルエンザ流行数が増えているみたいだけど患者様で感染した人居ないんだけど冬本番はこれからです。風邪、インフルエンザ、そして寝違えに注意して下さい。最後に昨夜ショッキングな話を聞きました。知り合いの御子様が「インフルエンザ脳症」で急死したそうです。インフルエンザに罹患して病院で薬を貰って少し症状が落ち着いたので隣で親が添い寝して翌朝を迎えたのですけど、起きてみると既に亡くなっていたそうです。今は耐性菌を持ったインフルエンザが流行しています。インフルエンザは本当に恐ろしい病気です。風邪で免疫力が低下した時に罹患し易いです。だから免疫力の根本「腸」の強化と「便の変化」の早期察知が重要なのです。でも日頃から便が悪ければ全く変化に気が付きません。そこで「首が回らない」や「肩こりする」「喉と共に肌の乾燥がする➡️頭皮が痒い」「目が疲れる➡️充血する」等々の上部の諸症状に加えて「便の変化」が有ったら『風邪の初期症状』と考えて温湿布と排便努力をして下さい。医療技術の発展は目覚ましいですけど「風邪さえ治せません」から大火事になる前に、ボヤのうちに治しましょう。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三