MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 冷静さ失う5

冷静さ失う5

2020.03.08 | Category: 院長ブログ

他には親は大変でも家族で過ごす時間が増えた事も子供にとっては良いでしょう。しかしデマが事の始まりでもトイレットペーパー不足は困ります。紙(神)が無くて拭かずに放って(仏)おく訳にもいかず、これが本当の『紙も仏も無いものか』と冗談を言っている場合ではありませんが再度「笑顔」と「助け合い」の精神で腸内細菌のバランスを保ちましょう。さて締めくくりに私のようなアホが考える事ですから賢い人は昔から取り組んでいると思いる事を。全快堂は「不妊治療」をやってる事を知ってると思いますが今年は現在まで一名が無事出産し二名が妊娠します。そこで「母乳はエネルギーの塊」ですし特に「初乳」は「養老乃瀧?」か「仙豆?『ドラゴンボールより』」くらい貴重なものですから、それを培養して「特効薬って出来ないかなぁ?」と治療しながら考えていました。本当は赤ちゃんの便の培養も有効と考えています。海外では痩せてる人の便を肥満体型の人の腸に移植したら痩せたと。また非常に元気な人の便を病気がちな人に移植したら凄く元気になったと。研究者の皆様、何卒一日も早い特効薬開発を宜しくお願い致します!P.S.こんな時に災害等「避難所」が必要になるような事が無いように祈るばかりです。長々ありがとうございました。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三