MENU TEL

優先順位

2020.03.12 | Category: 院長ブログ

大規模な災害や事故が発生して負傷者多数の場合に「トリアージ」という誰が最も重傷で一番早く処置しなければいけないのかを現場で瞬時に判断する事を指します。地下鉄サリン事件以降に有名になって最近では医療ドラマでも演出されているので知ってる方も多いと思います。全快堂は予約制なので順番通りに患者様に対して治療するだけなので優先順位を付ける必要はありません。しかし私が今日投稿する内容は「全快堂の患者様を優先する方針」というものです。「はぁ?」と思われた方もいるでしょうけど簡単に表現すると「新しい患者様より既存の患者様」という考え方です。最近特に新しい方から「予約させて」という内容の電話が多いです。新型肺炎の影響で仕事が休みになった方とか、花粉症や季節の変わり目の体調不良と考えられます。その時に電話口で「⚪⚪治りますか?」と尋ねられる方が多いので得意の「治りません」と対応させて頂いております。本来なら「対応していますよ」と応えれば良いのですが全快堂は基本『一見様御断り』なので紹介者無しの電話予約の方は長年受付ませんでした。しかし諸事情によりHPを開設した手前「一見様」にも対応せざるを得ない状況になりました。しかし以前投稿した通り「治りますか?」は理屈っぽく聞こえるかもしれませんけど、診てもいないのに「治ります」では詐欺ですから「治りますません」と応えるのは当然と私は考えます。それがこの時期に役立ちます。「役立つ?」というのは、初めて電話してきた知らない人は「もしかしたら新型肺炎に感染している可能性がある」ということです。全快堂の既存の患者様は「診る責任」も有りますし症状が予想出来ます。しかし初めての方、特に電話だけでは全く分かりません。その人を全快堂に引き入れる行為は既存の患者様を危険に晒す行為になります。だから暫くの間は極力新しい患者様を「診たくない」のが正直なところです。したがって全快堂にも「優先順位」が存在するのです。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三