MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > どうすれば

どうすれば

2020.04.25 | Category: 院長ブログ

先日「レムデシビル」という抗ウイルス薬の有効性に期待が持てると投稿しましたけど「失敗」とのニュースが流れてガッカリしました。勿論結論ではありませんので僅かに期待していますが。さて患者様から相談されました。買い物には最小限の人数(一名)でと言われてますけど学校からは「子供だけで留守番させていて空き巣と鉢合わせする事件が多発中のため、子供たちだけで留守番させないように」とのメールが来ているんだと。確かにスーパー側とすれば3密を減らす為には必要な要請です。でも学校や保護者側とすれば一緒に移動が望ましい訳で、悪いのはウイルスと空き巣犯ですが言っても仕方ないです。政府に頼り過ぎかもしれませんけど、もう少し「こうします」と言えないものか。例えば「本日の午前中の買い物は家長の保険証番号末尾が3と8の人。午後は4と9」とか他には「具体的な時間指定」とか国民に向けては一斉にやらないと無理なので非常時には政府による指導が必要なのでは?8割なのに7割とか中途半端は駄目です。本当に正しく国民の為になるのならば、やる時は反対を押しきってもやり通す、多少強引でも強いリーダーシップが必要な時だと思います。それを連立解消をチラつかせられたぐらいで方針転換するようなら国民の為で無くて次の選挙=結局は自分の事しか考えてない証拠です。そんな政府に任せて大丈夫なのか不安です。非常事態ですから政治家も動いているでしょうけど国会運営等々の本来の活動は少ないなら報酬カットは当たり前と思いますけど、そんな時だけは瞬時に与野党合意して最小限の削減しかしない。結局は国民の生命より自分たちの政治生命、国民の生活より自分たちの財産と選挙資金、当選が気になる結果に。ここまでの状況でも自分たちの事しか考えない、または最優先は自分たちの事とは怒る気にもならず逆に天晴れです(イヤミに決まってるだろう!)。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三