MENU TEL

憎い相手

2020.04.27 | Category: 院長ブログ

先日「パチンコ店の休業要請」云々について投稿させて頂きました。全快堂を零細企業と例えるなら経営者の立場として行政側とパチンコ店の両者の気持ちが理解出来ます。経営者の立場としては店を開けないと「経営危機しか無い」となれば「背に腹はかえられぬ」と誠に勝手な道理と思われても突き進むしか無いと成ります。他方行政側の立場と成れば国民の生命を守る立場として「断固営業阻止」を打ち出さねば成りません。感染者を増やすことは阻止しなければ成りませんが同時に、絶対に「医療崩壊」だけは避けなければいけません。医療崩壊は医療関係者に迷惑を掛け感染者に迷惑を掛け、その家族を含む関係者にまで迷惑を掛けます。そういう「ねずみ算」のように周辺に一気に広がる迷惑、恐怖、生命の危機または生命そのものを奪い去る悪行の一端を担いでしまっているという事を知って頂きたいのです。またパチンコに行くというのは「感染経路不明」という症例を増やすという事で「全く無関係の方々」にまで迷惑を掛ける結果と成ります。刃物を持たない殺人者を作り出す場所という表現は適切では無いかもしれませんが、この状況下でパチンコ店に出入りする人は無意識に殺人者に成るかもしれないという事を肝に命じて欲しいです。さて見方を全く変換させてみましょう。誰かが日本転覆は大袈裟としても、国民同士に憎しみを持たせ国内に混乱を起こさせようとしているのにパチンコ店を利用しているとしたら?また小説が書けるなぁ。パチンコは何で目の敵にされるのかを再度。3密とはパチンコ店を表わした言葉と思えるほどです。密接、密閉、密集で1m以内に15分どころか長時間居座る。更に悪いのが喫煙が罹患し易いとの情報が多い者のにパチンコ好き=喫煙者と表現出来るでほどの面々が集合しているから「感染者育成施設」「感染拡大施設」と表現出来るかも。だからこそ経営者に言いたい。これを契機にパチンコ反対派を勢い付かせてしまいます。「パチンコ=悪行」というイメージは自ら首を締める行為だということを自覚して欲しいのです。それで無くても今までも子供を車内に置いて事故が発生したり依存症からの借金等々のイメージの悪さが今回の開店強行で拍車を掛ける結果になっているのです。またIR推進派がパチンコを無くしてIRへ利益誘導するかも。パチンコを今後存続させる為にも今は閉店するしか無いのです。私はパチンコが大好きだからこそパチンコが無くなって欲しくありません。それに「何て言ったってパチンコは名古屋発祥だぎゃーっ。ほんだで無くしたらアカンのやてぇ」と。でも一番悪くて憎い奴は新型コロナウイルスだから!

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三