MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 必要なのは心の余裕

必要なのは心の余裕

2020.05.11 | Category: 院長ブログ

今回の新型コロナウイルス感染症は世界中に広まってしまいましたが、日本は地震なら阪神淡路大震災以来、東日本大震災、熊本の地震等々、また台風等の天変地異にも沢山見舞われてきました。これでもか、これでもかと繰り返される試練に日本人は疲弊し、誰もが逃げれるものなら逃げたい気持ちでいっぱいです。でも上記の天変地異で自宅を無くして今も仮設住宅で暮らして平穏な生活を出来ていない人々は居て、その辛さは災害を受けていない人々の二倍にも三倍にも感じられているかもしれません。だからって「被害に遭ってない人は我慢しろ」なんて言いませんが、その中には大人だけで無く子供たちも含まれていることを忘れてはなりません。世間では「自粛警察」なるものが横行し、他には普段なら許せるような小さな出来事さえも許せない人々が増えています。「自分は正しい」「間違いは許さない」と他人を攻撃する気持ちは分かります。かといって「無関心」も良くありませんが、過激な発言や行動は尚のこと考えものです。とにかく私たちに出来ることは医療スタッフの負担を少しでも増やさないように国民一人一人が自身の健康管理をすれば医療が必要な人が減り、スタッフへの負担は軽減され患者には行き届いた手厚い医療提供が出来て流行以前の生活に早期回復が出来る筈です。不慮の事故や発作の病気は「致し方無いこと」ですが最小限にすることは出来る筈です。不要不急の外出を控えて行動する時は注意するという小さなことの積み重ねが医療スタッフを助け病院が本来の姿を取り戻す。そして一つの病院が健全化されれば隣の病院も健全化、まるで「バタフライエフェクト」のようになり国を救うのです。見えない出口かもしれませんけど希望を捨てず自棄にならずに自分のことを考え、少し余裕が出来たら隣の人のことを考え小さな輪を大きくしましょう。心の余裕は冷静な判断を生み良い方向へ導いてくれます。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三