MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 第2次補正予算って?

第2次補正予算って?

2020.05.26 | Category: 院長ブログ

おいおいおい、こんな緊急事態に冗談は止めろよ。ええ加減にせぇよ。一次さえ恩恵が国民に浸透しないどころか「全く」と言えるほどの状況で次の話かよっ。30%だ、50%だと給付金の話が有るけど全く救済になって無いと言っとくよ。これから倒産や自殺者が激経激激増するぞ。何でか?遅いからに決まっているだろう。1次の検証する時、見直しが先だろうが!スピードが大事だって?当たり前だけど出来たのかよ。じゃあ聞くけど1次は早かったのかっ?俺には現時点でまだマスクも給付金も届かないけど、PCR検査数増加も不確かだけど、持続化給付金も3週間しても届かないらしいけど、マイナンバーカードを手書きに直して入力しているらしいけど、問題多発で現場が混乱しているのに改善せず次を打ち出しかよっ。急ぐ気持ちは分かるけど現場が混乱しているから「ぐっ」と我慢して先ずは現時点で提出されている現場への請求に対応して解決した上で新たに受け付けるのが正解だと考えるのが常識の筈。勿論受け付け側も「ボーッ」としているんじゃ無く、サーバーがパンクした時の対処法を考えて同じ過ちを犯さないようにしておくのは当然のこと。そして救済の項目に該当しない中小企業や個人事業主への対応も考えないと日本の経済は危機的状況から復活するには膨大な時間と費用が必要になることを今から言っておきます。本当に政策立案者側は国民目線迄生活レベルを下げないと。日本の経済は99%の中小企業が1%の大企業を支えているってことを分かっているのかねぇ。政府は「一ヶ月半で充足出来た」と手柄を「自分たちのお陰」としたいらしいけど歴史的にも手柄を自分に言う奴ほど信用出来ない。国民が政策の良さを実感して国民の側から政府を称えるのが本当の姿勢なのに不満を抑え込むように「⚪⚪億円に対応しました」と言うようでは終わってる。現に海外メディアは「日本政府の政策には疑問だらけだが結果的には早期終息になった。これは国民の民度ではないのか」という趣旨の報道がされていますが「全くその通り」と思います。とにかく一日も早く疫病が終息することを祈ります。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三