MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 呼吸だ!気合いだ!

呼吸だ!気合いだ!

2020.11.26 | Category: 院長ブログ

精神論で解決出来ることは限られています。精神だけの戦いだったら日本は太平洋戦争に勝っていたと思います。でも負けた、これが現実です。例えば「金が欲しい」と願っていても札束が舞い込む筈も無く無駄な時間が過ぎるだけです。何をダラダラ記述しているのかと思われた方が多いでしょう。現在の日本人がコロナに勝てる訳がない!何故なら「感染したらどうしよう」「経済的に苦しい、誰か助けて」「国が何とかしてよ」とネガティブのオンパレードだからです。マスコミも連日連夜「今日は⚪⚪人で過去最多の感染者数」「第3波襲来!」「医療崩壊が迫っています」の報道ばかり。確かに現実だから仕方ない。でも繰り返しの投稿になりますが、海外がどんな状況だろうともSARSやMARSの時と同じで「日本国内」を中心に考える必要があります。肺炎やインフルエンザでも年間3000人以上の方が亡くなっていた時には騒がなかったのに。海外はともかく日本国内の死亡者数は二年間の累計で現在2000人程ではないか。一般的に風邪と呼ばれるのとは型は違うけど同じコロナウイルスで、昨日の投稿に近い内容ですけど発症しなければ本人は感染していることに気が付かずに過ごして自然治癒していたから感染者数にカウントされ無かったし病院に行く必要も無かった。少し発熱したり喉の痛みや悪寒でも市販薬で様子をみていた。もしもその時に無症状でも全国民に検査していたら膨大な数の感染者が存在したに違いないのに。諸悪の根源は最初の対応が悪かったに尽きる。マスコミがパンデミックの危険性を騒ぎ立てて「隔離の必要性」を垂れ流した結果、差別が生まれ「感染したら」と過剰反応が生まれた結果です。確かに海外の死亡者数は多いし後遺症が酷い人もいます。だから「マスコミが悪い」は言い過ぎですが最初の報道を「もう少し慎重に」して欲しかった。そこでやっと本題(相変わらず序章が長過ぎる、ごめんなさい)、セロトニンやオキシトシン、自律神経も呼吸やポジティブシンキングで変化します。呼吸は痛みの軽減やリラックスにも影響を与えます。だから日本全国でゆっくり大きな呼吸をして「これで大丈夫だ!」と暗示を掛ければ少しでも免疫力が上がる筈ですし日本が少しずつ明るくなるでしょう。その時に眼球を上に向けていれば自然に笑顔になり更なるパワーアップが期待出来ます。但し深呼吸は感染予防の為、人の居ない所でやって下さい。ところで「必要な時には不思議と必要な物が来る」という経験ありませんか?今は深い大きな呼吸が肺胞を柔らかくしてコロナに打ち勝てる?後遺症も軽く済む?という話が有ります。その時に日本人の偉い先生が「448呼吸(正式名称に非ず)」を発表しました。また大人気の『鬼滅の刃』で炭治郎が「全集中の呼吸」というのは偶然なのか?とにかく全国の国民が448呼吸で全集中の呼吸を眼球を上に向けてやればコロナウイルスに負けないと信じて明るい未来がやって来る筈です。気合いだ!気合いだ!気合いだ!

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三