MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 誰でも何時でも

誰でも何時でも

2021.01.09 | Category: 院長ブログ

新型コロナウイルスの感染者数が止まりません。以前投稿しましたけど冬場に風邪の患者数が増えるのは当たり前。確かにウイルスも変異して「より感染し易く」なったことが分かります。そうなると「感染経路」を理解しなくてはいけません。しかし私が言う感染経路とは「誰から感染したのか?」という感染経路では無く「どのように感染したか?」という感染経路に注目するべきだと思います。当初『接触感染』と『飛沫感染』の両方どちらも甲乙付け難い感染経路と考えられていました。勿論現在でも不明ですし、どちらも感染経路だと言うことは確実です。しかし「どちらの感染経路が多いのか?」となれば各国の研究や調査や有名な科学雑誌等々の解説を見ると「飛沫感染が多い」という結論に達すると私個人は考えています。だから飲食店等での感染が多いという調査結果になります。もしも接触感染で有れば何処の施設でも感染者数の差が無い筈なのに調査結果では「たまたま」かもしれませんけど飲食店が突出していました。そうなると「5人以上の会食は駄目」なんていう人数よりも「施設に何人いるのか?」ということに注目する必要が有ります。ですから今さらながら「『密集密着密閉』を避けることは有効だから守りましょう」となります。3密を避けながら自身で出来ることは体温を上げること=筋肉を着けること。「何で筋肉を着ける必要があるの?」と聞かれそうなのと同時に「何で冬になると風邪引きが多くなるのか?」とも質問をされます。副交感神経が活発な時に免疫細胞も活発に働きます。身体は寒いと体温を上げる為に筋肉が擦りあって体温を上げるのですが、その時は交感神経優位になるので免疫細胞は働き難いのです。という訳で筋肉を着ければ体温が上がり易くなりますので、めでたしめでたし。って、ちょっと待った~っ!筋トレをするとビタミンCが一時的に消費されてしまうので急に頑張ると逆に風邪引きになりますので日々少しずつ筋トレして下さい。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三