MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 確かに正論

確かに正論

2021.01.10 | Category: 院長ブログ

休業に従わなかったら刑事罰を考えているという話を聞きました。アホか、最低だな。誰だって怖いから休業したいわ。だけど考えてみろよ。例えば1ヶ月100万円補助金を貰えるとして毎月160万円経費が必要だったら60万円は誰が保証してくれるんだよ。高い家賃、人件費の店舗だって有るんだよ!廃業しろ、倒産しろと言っているのか?そもそも休業しろと言っている奴等は「収入が保証されている」んだよ。だから正論を振りかざして「休業しろ」「ロックダウンだ」と言うんだ。だったらお前が収入ゼロどころか持ち出し状態を命令されたら「座して死を待つ」か?刑事罰なんてこと考える前に議員を辞めさせる計画を作成して浮く金で一律で無くて各々に合った十分な保証をすれば休業するよ。話によると国会議員の会食の指針作成を提案したら某自民党議員から「そんなことをすると自分たちで自分たちの首を絞めることになってしまう」と意見が出て取り止めたとか。自粛と叫んでいるのに手本の議員がこれだからね。前首相も恨みを買いたくないから議員数削減は先送りしているけど議員数の削減すれば議員の仲間内では風当たりが強くても国民受けは最高に良くなるし党の大勝利は間違い無しだから今こそ英断するべき時だよ。まぁ現首相の器では太陽が西から昇っても無理でしょうね。持続化給付金は言い値で補助すると「詐欺」の二の舞になるから過去3年間の納税額から算出すればいい。持続化給付金を貰っていない私としては持続化給付金って真面目にやっていたら貰え無い人が多いお思う。詐欺の給付金額の合計ってどのくらいなんだろうか?安倍さんが国会答弁で「多くの方が申し込み助かっている」と言っていたが実情は詐欺や詐欺紛いの申し込みばかりだったんじゃないの?とにかく政府は頼りにならないから自分たちで頑張るしかないんです。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三