MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 日本の本気度とは2

日本の本気度とは2

2021.04.25 | Category: 院長ブログ

政府は国民を守る気なんて有るとは思えません。だから投稿したようにワクチン確保が各国に比べて極端に少ないです。更に世界中から非難される心配が出てきました。それは極端に遅いワクチン接種が遅い為にワクチンが効かないウイルスを日本発で世界中にばら蒔く心配が出てきたのです。ウイルスの変異は人から人への感染で起こります。一斉に接種は不可能でもワクチン接種完了人数が多ければウイルスは変異し難いですが日本のように極端にワクチン接種完了者が少ない場合はワクチンが効かないウイルスが出来上がる危険性が高いと考えられます。すると世界中の努力は徒労に終わるかもしれないのです。判断基準は無いので馬鹿げていますが「私は東京オリンピックをとても見たい、この気持ちはかなり上位に有る」と思っています。1964年の前回の東京オリンピックは私の生まれた年でも有るので思い入れも強いです。しかし敢えて言わせもらえば、日本に世界中のアスリートを呼ぶ東京オリンピックは即時中止を発表するべきです。後遺症が残るコロナウイルスをアスリートに感染させれば選手生命を早期に終了させてしまうからです。呼吸が苦しくなることはアスリートにとっては致命的です。アホな政府は金勘定ばかりで、そこまで考えていないのでは?何に対しても忖度優先でハッキリと意見を言わないことを美徳と思っている多くの日本社会。それは国内では通用しても世界基準ではありません。アスリート調整の為に一刻も早い決断を。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三