MENU TEL

脱毛

2021.05.12 | Category: 院長ブログ

脱毛っていうと脛毛とか脇とか腕とか「見た目?」が一般的です。ところが介護現場では脱毛というキーワードが「見た目」なんて生易しいもので無く必要不可欠になるかもしれないのです。「まだまだ介護されるなんて先のことだから」と思っている若人たちよ。ある日突然新型コロナウイルスに感染して動けなくなる可能性は老若男女関係無いんですよ。勿論事故に巻き込まれる可能性だって有るし十代でも血栓が飛んだりクモ膜下出血になることも有ります。とにかく誰もが何時でも介護される立場になる可能性が有るってことなので自身のことと考えて読んで下さい。介護現場での問題の脱毛の箇所は「肛門周囲」なのです。私が話題にすると『イヤラシイ』と言われそうですが中日新聞にも介護現場の問題として掲載されましたから読まれた方も居ることでしょう。オムツ交換の時に陰毛に糞便が絡み付くことが深刻な問題なのです。糞便が取れ難いし不衛生なことが予想出来ると思います。しかし機器による脱毛に詳しい方なら分かると思いますけど脱毛に適しているのは黒い毛なのです。白髪交じりの毛は機器による根元からの脱毛には適していないのです。ということは下半身の毛に白髪が交じり始めたら遅い?ことが考えられますし前述の通り何時でも誰にでも関わってくる問題なのです。かといって何処に誰に相談すれば良いのか?以前真剣に相談されたことが有りました。その時に丁度業者が特別な免許が不要な安全で、肌に優しい脱毛機器購入を勧めてきていたので少しだけ考えましたけど当時は需要が少ないと勝手に思っていましたので購入を断念しました。しかし現実を知り需要が驚くほど有ることが分かりました。また当然なのか分かりませんけど特に女性たちには深刻な問題ということが分かりました。だから全快堂では将来勿論私が担当するので無くて女性スタッフに担当してもらい脱毛サービスも考えるかもしれません。本当に知らないことってまだまだ有ります。日々勉強です。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三