MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 日本ウイルス

日本ウイルス

2021.05.29 | Category: 院長ブログ

中国政府が東京オリンピックの開催を非常に後押ししているように印象を受けます。単純に考えれば2022年の冬季オリンピックの北京大会開催が予定されているので、東京オリンピックが中止になれば冬季オリンピック開催の可否が今度は中国が判断しなければならないので理解は出来ます。しかしそんな単純なものなのでしょうか?今回のコロナウイルスの名称が一部の人々の間では「チャイナウイルス」とか「武漢ウイルス」とか呼ばれています。WHOの調査に全面協力しなかったことが更なる裏付け?になり「中国発のウイルス」という疑いを持っていた多くの人々を中国政府自らの行動で決定的にしてしまったと言えます。ところが能天気な日本政府は中国政府の後押しを心強く思っています。しかし日本国民の多くが二回のワクチン接種未完了の現在、東京オリンピック開催の時点でも他の先進諸国に比べ大きく違うワクチン接種率で開催を強行したら、世界中にコロナウイルスが再拡大して「東京発症のコロナウイルス」という悪名高いレッテル貼られることになるのではないでしょうか?悪名だけならまだしも日本のようにワクチン未接種の世界中の貧困国で感染死者が激増したら日本政府は責任を取れるのでしょうか?菅総理が辞任するくらいでは足りないことは今からでも簡単に予想されます。「中国ウイルス」が「日本ウイルス」と印象付けられて中国は汚名返上と同時にワクチン外交を活発にして中国政府を助けることでしょう。日本の信用は失墜し前の大戦以上に末長く『加害国ニッポン』と語り継がれ、経済的な負の遺産と謝罪という重い十字架を子供たちに背負わせることでしょう。しかし今ならまだ間に合います。反対の声を上げましょう!そして責任追及の為に事前に国会議員を始め要職者全員の五輪「賛成・反対」の意思をハッキリさせて置きましょう。私一人の力では到底無理ですから協力して下さい。東京オリンピックが見たい、誰よりも見たい!だけど五輪を止めて下さい!私は日本が好きだから、日本有っての五輪ということに気付いて下さい。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三