MENU TEL

失望五輪

2021.07.17 | Category: 院長ブログ

コロナウイルスが世界中で治まらない中でも東京五輪が開催予定です。現在アルファ(英国型)、ベータ(南アフリカ型)、ガンマ(ブラジル型)、デルタ(インド型)、そしてラムダという変異株が存在しているとWHOが発表していますけど「ラムダ」に関しては確認された国・地域は他の変異株に比べ少ない「29」だけを確認。南米で拡大中と言われていますけど世界的にも珍しく日本では勿論「未確認」な変異株ですから、もし今後急速に日本で感染拡大したら「東京五輪の開催によって」と考えることが妥当なので「開催の悪影響」と言えるでしょう。国連事務総長さえ危険を感じて来日を延期するのに本当に無謀な東京五輪開催。『平和の祭典』とは程遠い『感染拡大の災難』を止める手段は無いのでしょうか?バッハ氏も竹中平蔵氏も十分儲けたんだから開催を諦めて欲しいものです。間近に迫って来ている東京五輪に不参加を公にしていない選手や国々も発表せざるを得ない筈ですから、ここから開催まで不参加表明が一気に増えることでしょう。もしかしたら「事務局が発表を意識的に遅らせているのではないか?」と勘繰ってしまいます。今まではバラバラに入国していた各国の選手団が数日間のうちに一気に大勢押し寄せたら検疫態勢は対応出来るのでしょうか?既にインドネシアからの便は対応出来ない為に成田経由でセントレア(愛知県)で14日間の待機命令しています。組織委員会お得のバブル方式は既にパンクしていると思いますが(バブルだけに)大丈夫なのでしょうか?「お・も・て・な・し」出来ない日本に何の魅力が有るのでしょうか?危険と引き換えの金メダル?『失望五輪』ってとこかな?

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三