MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 惑わされるな!

惑わされるな!

2021.08.12 | Category: 院長ブログ

前政権も現政権も本当に悪い奴らが集まったものだと常々思います。部下が自殺しても知らぬ存ぜぬ。責任を突き付けられたら辞任せず「職務を全うすることで」という始末。それに言い返せない野党も如何なものか。国会審議や答弁を見ていると吉本新喜劇よりよっぽど面白い。海外メディアは東京オリンピック開催の強行がCOVID-19感染者数増加の一因であることは「言い逃れようの無い事実」と発表しているし「ラムダ株の公表を遅らす忖度を厚労省がした」というニュースも流している。最近の日本のメディア(特にテレビ)はブレ無い真実のみを流すのでは無くて日和見的な面が多々見られ「同じ穴のムジナ」なのかと思ってしまいます。これは媒体が多種多様化して発信する側が受け取る側の変化に対応出来ていないことにある。昔なら画像発信はテレビ局のみで世界中に発信には膨大な費用と時間を費やした。しかし現在では携帯一つで世界発信出来る。だから流行の早さも目まぐるしい。紙の新聞や出版物は店頭に並んだり配達された時点で過去の物と成りうるから激減も理解出来るし、テレビの視聴率の低下も家族で一台のテレビを見るなんて今では考えられないから国民が一緒の番組を見ることは最早不可能だろう。気を付けなくてはならないのがフェイクニュース。TwitterでもYouTubeでも出来て日が浅いから受け取る側は全てを信じてしまう傾向にある。かといって裏取りをいちいちする人は極一部であろう。だからと言って裏取りを義務化することは無理だから更なるAIの発達に期待して自動的に消去させる以外に方法は無いのが現状です。さてやっと本題ですが、政権は「65歳以上の感染者数の割合が低い」とワクチン接種の効果を強調しているが割合の低さは確かだが感染者数は年齢問わず全てが増えている。だからベッドは埋まって医療崩壊が迫っていることには変わり無い。割合に惑わされるな!感染者の人数と重症者数が問題で感染者数の激増と地方への感染拡大に東京オリンピックの強行開催が加担してしまったことは紛れもない事実。そして東京から全国へ確実に広がる感染者数。決して東京都民が悪いのではありません。しかし東京オリンピックが強行開催されたのも事実。政府の言い訳や問題の摩り替えに惑わされないように選挙に行きましょう。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三