MENU TEL

後の祭り

2021.08.11 | Category: 院長ブログ

案の定というか御約束通りにCOVID-19の感染の拡大に加えて、ラムダ株の国内発見を東京オリンピック開催中だった為に厚労省が意図的に発表を送らせたとも取れる事実が発覚。そしてバッハ会長の銀ブラを丸川大臣の絶望的珍回答で国民の怒りに火が着いて終了としたいですが祭りには後始末が必ず有ります。財務省によれば国の借金が6月末で1220兆6368億円で2月1日の推計人口は1億2301万人だから国民1人当たり992万円の借金になるらしいですが、五輪招致当時総額7340億円と言われていた筈の予算。会場周辺の道路整備等は見積りに入って無かったのか意図的に外したのか定かではありませんけどコロナで一年延期で3000億円の追加予算となり今年初めの政府発表の五輪経費は1兆6440億円と発表も、またまた既存施設の改修費用は含まれていなかったと週刊誌が騒いでいます。しかし私には天文学的数字なので結局国民一人当たり東京オリンピック開催によって幾らの経費が必要だったのか知りたいと思いました。やはり週刊誌報道によると東京都1兆4519億円、国1兆3059億円。合計2兆7500億円の経費が発生し都民一人当たり10万3929円、都民を除いた国民は一人当たり1万408円に。そうすると先ほどの992万円にそれぞれ上乗せした額が日本国民にのし掛かる結果に。しかし実は最終的には更に経費は膨らむらしい。組織委の赤字補填やコロナの水際対策などが加味されていないから、これを含めた総額は4兆円規模とも。ここまで来ると笑うしか無いのでヤケクソ気味に、週刊誌によると下世話で「感動を金に換算するな!」と批判覚悟で『メダル一枚当たり690億円になる』とも書いて有りました。結局東京オリンピックの赤字額は1兆5000億円~2兆円だとか。豆腐なら一丁二丁は右から左へなんだけど(チャラチャンチャンチャチャッチャ~左へ受け流す~)。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三