MENU TEL

外交

2021.08.26 | Category: 院長ブログ

私を含め多くの日本人は無意識に自分の常識を相手も共有していると考えています。現実には同じ日本人でも有り得ないのに国が違ってさえも、まだ愚かに良い方向への対応を無意識に求め続けてしまう。よく考えれば分かる筈なのに「誠意は伝わる」と信じ明るい未来の到来を待っている。これは人間が立ち直る為には必要な考え方で希望的観測が有るからこそ前進出来るのですが、それはあくまでも自身の常識で世界共通では無いことを肝に銘じる必要があります。以前にも投稿しましたけど2016年12月安倍前首相は北方領土返還の足掛かりとして3000億円の経済協力を申し出て両国の懸案事項(北方領土返還)の早期解決を期待しました。大半の日本人は3000億円も払う約束をするには当然条約締結済みと考えるし逆に「3000億円も貰って何もお返ししない筈が無いから何か見返りが有るだろう」と考えていました。しかしこれが無意識の希望的観測なのです。プーチン大統領は北方領土のインフラ整備を進めて海外の資本が入って来やすいようにして更に強固な東アジア地域の軍事拠点開設に邁進する結果となりました。「恩を仇で返す」の表現が適当ですか。北方領土には韓国・北朝鮮・中国の企業が入って開発中ですが日本としては更に協力して北方領土が住み易く成れば成るほど返還は期待出来ず、かといって協力しなければ日本は確実に追い出されるだけの窮地に。「なんて酷い国なんだロシアは」と考えるのは悔しいけど間違っています。そんな人に首相になって貰ったのは私たちなのですから。そして自分たちの常識を勝手に当て嵌めただけですから。でも当然ですが日本のトップが間違うことは許されません。血税が取られ領土返還も泡に消えた訳ですから。更には情報収集の正確性が問われる外交情報機関の無能さも許されません。もし私に決定権が有るのなら予算が3000億円有っても一括で渡さず約束を守る度に少しずつ渡すでしょう。日本はそういった失策が恒例?慣例?四国に橋を造るのにも最初から3本と決め結果的にガラガラ。先ずは1本で混雑して困るなら増やせば良いのに地方議員の得票に血税が使われたのです。もし3000億円有るなら先ず足場を固めるべきです。北海道の主要な土地や水源地を中国資本が買い漁っています。それを私だったら3000億円で買って国土を守ることをするでしょう。国民の命が危険に晒されてる最も大事な今、国会が開かれていないなんて。お前たち緊急事態で働かないならいつ働くんだ!何の為に居るんだ!本当にクソ!血税貰って有害以外の何者でも無いんだよ。その金で病院一つでも建てろよ。2年だぞ。何やったんだ。血圧上がるから終了!(つづく)

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三