MENU TEL

日韓関係

2021.09.06 | Category: 院長ブログ

日韓関係は少なくとも「良い」と考えている両国民は居ないと思います。色々言いたいことが有るでしょうけど「どっから手を着ければいいの?」と思えるほど拗れてしまっています。原因は大きく二つ有ります。「どんどん増える問題」と「問題の先送り」が原因で「増える」のは嫌悪感から新たに問題が発生しているので、先送りせず取り掛かるべきは問題の先送りをせずハッキリさせるべきです。両国共に言い分が有るので、とりあえず日本は史実と事実や証言を集めて日韓の歴史を作成して公表するべきです。作成しながら公表していくのは問題解決を複雑にすることになるのは分かっています。でも全部が完璧に完成する筈はありませんし作成者側で解決しても公表すれば必ず問題が浮かび上がってくるので同時進行で一つずつ行っていくべきです。有耶無耶にせず正々堂々公表して韓国側が異議を述べて来たら対応して反論が出来なくなる迄、結論が出るまで徹底的に話し合い両国の歴史として認識していくべきです。そうしなければ隣国と永遠に嫌な関係になってしまいます。日本が韓国を植民地にしていた不幸な時代を知っている人が一人でも生存されているうちに始めるべきです。但し守って欲しいことが有ります。日本人の中には謝罪すれば相手から誉められ感謝されるので一時の気持ち良さや僅かな金銭と引き換えに嘘の証言までした人も居ました。それだけは未来の人々の為に避けなければいけません。日韓関係は一人一人で向き合うと友好的で理解出来るのに何故か国同士になると上手くいきません。しかし踏み出さなければ始まりません。一日も早く始めるべきです。韓国が終わったら中国、そしてロシアと理解し合うべきです。勿論それは米国の為でも有るのです。日韓両国のトップが代わる時がチャンスです。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三