MENU TEL

日韓関係2

2021.09.07 | Category: 院長ブログ

日韓関係のブログは毎回反響が大きいですが今回も色々言われました。その多くが「放っておけばいい」「何もしない方がいい」というものです。しかし私の考えでは現在の韓国経済は『バブル経済風』だと考えています。何故『風』にしたのかといえばバブル経済の時に日本は多くの人々が「自分たちは裕福だ」と考えていましたが韓国の人々は極一部の人々しか裕福だと感じていないように思えるからです。また米国に比べ日本の国土が極端に狭いのに韓国は更に狭いので土地の高騰地域と、それ以外の地域が混在しています。これは非常に危険なことで広大で有ればバブル的な価格が全く無関係の地域があちこちに存在するのでバブル崩壊しても影響を受けない地域の存在が緩衝材の役割をして全土が経済破綻の悪影響を受けず分散してくれますけど、国土の狭い韓国がバブル崩壊をすると韓国という国自体の存在が危ぶまれてしまうと考えられるからです。韓国は日本にとって大切なパートナーです。経済は勿論、日米韓の戦略的観点からも非常に大切です。その韓国が万が一経済破綻をしたら喜ぶのは中国です。中国を敵視するつもりはありませんけどバランスが崩れることは困ります。中国が韓国を飲み込めば「竹島」を口実に尖閣諸島から沖縄さえ自国の領土としようと画策してくるでしょう。経済的に資本力だけ乏しい優れた韓国経済のテコ入れを次々して中国の世界制覇が一気に加速することでしょう。それは全世界が中国化することを意味します。言論の自由・行動の自由・表現の自由が急に制限されるのは困ります。それより何よりも隣なんだから仲良くしたいですよね。レーダー照射問題も旭日旗問題も後から後から生まれる背景には嫌日感が有るからです。両国共に早く協力体制を作りたいものです。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三