MENU TEL

大塚製品

2021.09.09 | Category: 院長ブログ

私は以前からブログで繰り返し『ポカリスエット』『アミノバリュー』『OS-1』『BODY MAINTE』の水準の高さに触れてきました。各社から数多くのドリンク等が売り出される中で大塚製薬の商品は「美味しい=売れる」という構図が当然であるのを承知で「失われた体液補充」という観点から美味しさより実用性を選択しました。ポカリスエットなら「スポーツドリンク」というネーミングを付けて売る以上は「必要とされている成分は何か?」を追究して完成させた商品は『大塚製薬以外には無い』とさえ言えます。美味しさを追究すれば各成分の必要量が入れられなかった場合、他社は「美味しさ=売上高」を優先しました。しかし大塚製薬の商品だけは「必要量」を優先しました。それがポカリスエットなら「ナトリウム濃度」を確保し、アミノバリューの場合は「BCAA」400mgを含有しているのでマラソン時には最適です。「OS-1」は多くの必要成分が失われる熱中症予防に飲めばリスクを軽減出来ます。こうやって自信を持って大塚製品を薦められるのは健康に対して真摯に向き合っていることを意味し、成分表を見比べれば結局大塚製品に辿り着いてしまうのです。当然今回のCOVID-19で苦しんでいる感染者の方々には大塚製薬の商品を自信を持って推薦出来るのです。美味しさを第一に必要量は二の次の他社製品は非常時では無い日頃の元気な時ならまだしも、生命の危機に対峙した時に全快堂の患者様には残念ながらお薦め出来ません。此処まで言い切ると「大塚製薬の回し者?」と言われそうですが一切マージンを貰っていませんから堂々と言えるのです(でも大塚製薬の方、いつでも受付てますよ(笑))。私は他社の商品でも良い物は褒めます。例えば味の素の顆粒タイプのBCAA4000mgスティックは良いですからマラソン時には使わせてもらっています。他にもユーグレナならA社、オリゴ糖ならB社と全快堂の患者様なら知っています。話を戻して現代の日本人の生活水準において殆どの人がスポーツ後に倒れる筈も無くハッキリ云えば「どの会社の、どの商品を飲もうが大差無い」となります。何故ならどの商品も「それなりに」必要成分が入っているからです。しかし厳密に云えば「必要成分は入っていても必要量は入っていない」のが現状です。前述の「大差無い」というのは、現代の日本人の生活水準において「食事により栄養をほぼ摂っている」という前提が有るからスポーツドリンクだけに頼る必要が無いので安心ということです。しかしながらCOVID-19で自宅療養している危険な体調の人に「必要量が足りないスポーツドリンクは命取りになる危険性が有る」のです。食欲が無く何も口に入れられない時に「せめてコレだけでも」という命の危機には迷わず大塚製薬を私は全快堂の患者様には薦めています。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三