MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 血管内治療

血管内治療

2021.11.18 | Category: 院長ブログ

血管内治療が医療現場に導入されて35年以上経過します。導入された当初は医師でも患者になると「血管内治療は嫌だ」と拒否したと聞きました。ところが今では医学の進歩と医師の技術の向上で1mmよりも細い血管、それも鼠径部や脇から心臓や頭部への治療も頻繁に行われています。また患部を切り開く手術よりも格段に治癒日数が短縮されて患者への負担軽減に役立っていて希望者が増加する一方です。残念ながら全ての所見に血管内治療が適応ではありませんけど目覚ましい医学の進歩には驚かされます。逆に脳の中心部に病巣が有る場合に開頭手術では難しい場合に血管内治療では大脳にメスを入れたり掻き分ける必要が無いので患者への負担は最小限になります。また出産後の女性には特に多く見られる下肢静脈瘤の治療に、以前は大変な手術をしていましたが血管内治療が進化した現在では短時間に傷痕も最小限と不可欠な治療法になりました。いくら最小限で患者への負担が少ないとはいえ、お世話にならないのが一番です。しっかり自己管理をして、それでも尚手術が必要な時には「お医者様」に相談しましょう。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三