MENU TEL

等身大

2021.11.18 | Category: 院長ブログ

韓流ドラマを見ていると簡単に人が騙されて「ドラマだからね」と思ってしまうけど、日本だって歴史的には裏切りや下剋上が繰り返されてきました。現在でも「アカウントの乗っ取り」により「なりすまし」が繰り返されていますから方法は変化しても同じです。結局は「人は簡単に騙される」から詐欺も絶えないです。人気が有ったり注目されていたりすると必ず足を引っ張る人も居ます。「やっかみ」「嫉妬心」というもので誠におぞましい人間の心の奥底に有る汚ない考え方。そこに執着すると泥沼に嵌まりますから「執着しないこと」が唯一の解決法です。先日から繰り返し訳の解らないことを抽象的な表現をして投稿していますが待ち合いと足湯の所に貼り出して有るので読んで頂ければ、大体のことは解って頂けると思いますが、私の場合は決して嫉妬されることは無いので勘違いしないで下さい。凄く驚いたことは某心理学者が「2:1:7の法則」という考え方が有ると某婦人科医が紹介していたことです。「あなたのことを好きな人の割合が2、あなたのことを嫌いな割合が1、残りの7の人はどちらでも無い」と。これは腸内細胞の理想的割合と一緒だったのです。「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」が最高の腸なのです。人の割合は「嫌いな人2:好きな1」で十分だと私は思います。信頼してくれる人が家族だけでも極端な話「ペットだけ」でもネットで繋がっている人でも、ヤバい人かもしれないけど仮想空間の人でも構いません。誰かが「あなたのことを大事に思っていてくれるんだ」と考えて下さい。そうすれば巷で頻発している「死刑になりたい」「生きる希望が無い」と変な事件を起こしませんし楽しく元気に日々暮らせるでしょう。それを会う人の全てを味方にしようなんて所詮無理な話なんです。以前投稿しましたが御釈迦様でもキリスト様でもアラーの神でも様々な宗教信仰の対象が全ての人を惹き付けてい無いから宗教戦争が有るのです。もし世界中の人々を一つの神が惹き付けていたら宗教は一つの筈です。それらの神々さえも無理なことを狭い範囲とはいえ全ての人を惹き付けよう、好かれようなんて所詮無理な話なんです。トラブルや犯罪・事件に「見栄(みえ)」は付き物です。自分を現実以上に大きく見せる必要なんて無いのに金持ちのフリをする人が事件を引き起こすと聞いたことがあります。しかし私はインスタグラムとか見たことが無いので解りません。身分相応、虚勢を張って生きない、等身大の自分を見せるのが一番信用されること。他人に「なりまし」たり金持ちに「なりまし」たりせず正直に生きたいものです。でも逆に「謙虚」になり過ぎると嫌みに感じられる場合も有りますから、やっぱり等身大ですね。毎回話が「とっちらかって」すいません。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三