MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 内股っぽい?

内股っぽい?

2021.12.09 | Category: 院長ブログ

イチロー氏が選手時代に超一流なことは疑う余地がありません。あれだけ多くの安打数を日米両国で達成するのは動体視力や筋力や神経の良さは勿論ですが走ることが速く無ければ安打数を稼ぐことが出来なかった筈です。実際に当時のイチロー選手の走塁は速く盗塁もしていて、大リーグのオールスター試合ではランニングホームランを記録しています。最近は高校生に野球を教えに行っているようですが、野球に必要な一つに「速く走ること」が有ります。当然守備でも打撃でも必要とされるのは少しでも「速く走ること」です。そんなイチロー氏のランニングホームを当時も、そして現在も見てみると爪先より踵が少し外側に出ていることに気が付きます。簡単に表現すると少し内股気味のように見えます。ヒトの足の形は大きく分けるとエジプト型、ギリシャ型とスクエア型になります。その足趾は様々ですが少しでも効率良く足趾が地面を掴み身体を前に運ぶ為には5本全ての足趾が地面に着く必要が有ります。水泳の飛び込み台に5本全ての足趾を引っ掛けようにする時に少し内股になる感じで一歩一歩地面を掴みダッシュするには結果的に足先が少し内側を向きます。小さなことと思われるかもしれません。スパイクを履いているんだから靴の機能に任せれば良いと考えるかもしれませんが、そのスパイク機能を最大限に活かす為には肉体も利にかなった使い方をしなければ故障の原因にもなります。そこまでやるのが一流では無くて「超」一流で所謂『イチ流』なんです。一方、長距離走時はフォアフット、ミッドシップと着地する部位は違えども進行方向に真っ直ぐ入り真っ直ぐ抜けるイメージで走るのが理想です。少しでも足が内側又は外側に抜けると足首や膝や股関節周りに痛みが発生する危険が有りますから日頃から注意して走らねばなりません。長距離と短距離(ダッシュ)や競技種目によって理想のフォームが違うことを改めて実感しました。さて皆様の日常生活動作は長距離走時と同じ歩行動作にしなければなりません。たまには歩行時に自分の足先を見て外側か内側を向いて無いか確認して下さい。素直な身体の使い方が故障の少ない身体を手に入れる唯一の手段です。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三