MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 今のことが

今のことが

2022.03.16 | Category: 院長ブログ

以前書いた書類を引っ越しの為に少しずつ整理している山積みの中から出てきた物を読んで驚きました。その内容が今の『問題児』に対して言いたい内容・状況を表現していて偶然ながら驚きました。それは「成ってはいけない人」「やってはいけない考え方」「進むべき道」について記述してある箇所でした。北里柴三郎氏の『医道論』を投稿した時に少し触れた内容なのですが、北里氏は自らの財産を全て投入して安定した職を辞して長年「進むべき道」について論じていたことを机上の空論とせず実行したことに感動して投稿しました。「人とはこうあるべきだ」と熱い思いを記述したのですが、問題児だけで無く日本の政治家にも聞かせたい話です。凡人は組織のトップや責任ある地位に就いた場合に陥り易いことがあるから注意しなければいけないことが沢山あるのです。問題児は「足るを知らず、際限の無い欲望に満ちている」のです。本当に愚かで見苦しい限りです。過去にチャウシェスク政権が崩壊しましたけど「平和と欲望」の天秤の前で人は欲望の大きさに負けてしまうものなのか?日本の政治家も自らのブレーンばかり贔屓して部下の命を軽視して。ちょっと待てよ、3000億円盗られて何も進展しなかった「盗った側と盗られた側」の話題に知らず知らずになっていたとは滑稽です。『好事魔多し』とは言いますが子供がオモチャを両手いっぱいに持っても他の子供のオモチャを奪いに行く、満腹でも口いっぱいの料理を押し込んで尚料理を取りに行くような愚かな人に見えます。そんな貪欲な人の周囲には居たくない「直ぐに離れよう」とするとジャイアンのような暴力(武力?)で仲間にしようとする。そういえばジャイアン(ロシア?)の隣には金持ちのスネ夫(中国?)が居るけど今の構図にそっくりで(体の大小が逆だけど)笑えます。しかし世界の状況は暢気に笑っている場合ではありません。記述は「人は自分の行動を正当化する」「意見が合う人は良い人で仲間にする」「疑問や問題提起が無くなり発展向上も無くなる」「周囲の者は好かれよう(出世)とする=イエスマンのみ(先細り・繁栄無い)」「やりたいことを進める為に出来る情報だけ集める(情報の歪曲も)」「可能性を過大評価する(成功のみ)」と書いて有りました。逆に「成功する集団は常に疑う・問題提起する・現状に満足しない→常に上昇思考」と。当然ですが上記の内容は企業の話であって権力者(領土拡大の話)ではありませんから「現状に満足してはいけない」「現状維持は退歩なり」となります。なんか嫌な話で終わりたく無いので北里柴三郎氏の言葉を再度紹介します。『人民に摂生保険の方法を教え体の大切さを知らせ病を未然に防ぐこと』と既に1878年現東京大学医学部学生たちに説いたのです。また『君、人に熱と誠があれば何事でも達成するよ』と。そして研究者と医者という立場から『医者と坊主は手足を備えた一人前の人間の為すべき業ではありません(人の不幸で飯を喰う)』とまで言ったのは、安定した職を捨て私財を投げ売って北里細菌研究所(現北里大学)を設立した北里氏だからこその発言で痛快の極みです。これ程の器の大きさが問題児だけで無く世界の指導者たちに欲しいものです。のび太のような日本と平和を求める世界にドラえもんは来てくれるのかなぁ?

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三